読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

生還者

生還者
電子書籍版
価格 792円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/07/14
紙書籍版 取り扱い中

ヒマラヤ山脈東部、カンチェンジュンガで雪崩が発生。日本人7名が巻き込まれる惨事となった。犠牲者の一人・増田謙一の弟である直志は、兄の遺品を整理するうち、ザイルに細工がされていたことに気づく。死因に疑問を抱く中、兄の登山隊に関係する二人の男が相次いで奇跡の生還を果たす。真相がわかるかと期待した直志だったが、二人は全く逆の証言をし......。雪山という密室を舞台にいくつもの謎が絡み合う緊迫の山岳ミステリー.

下村敦史関連作品

  • 悲願花 770円
    作家 下村敦史
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2021/03/05

    あなたの罪は、生き延びてしまったことです。

  • ヴィクトリアン・ホテル 1760円
    作家 下村敦史
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2021/02/26

    事件、誘惑、秘密の関係......すべてを見ているのは、このホテルだけ。 張り巡らされた伏線、交錯する善意と悪意に一気読み&二度読み必至! 伝統ある超高級ホテル「ヴィクトリアン・ホテル」は明日...

  • 黙過 792円
    作家 下村敦史
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/09/04

    移植手術、安楽死、動物愛護......“生命”の現場を舞台にしたミステリー。あなたは必ず騙される――『闇に香る嘘』を超える驚愕!

  • 法の雨 1584円
    作家 下村敦史
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2020/04/28

    無罪は社会にとって悪なのか。あなたは正義を試される――。本格社会派ミステリー

  • 緑の窓口 樹木トラブル解決します 814円
    作家 下村敦史
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/04/15

    「全ては樹木が語ってくれました」今注目の江戸川乱歩賞作家が描く、笑って泣ける、人の心と樹木をつなぐ6つの連作ミステリー!

  • 刑事の慟哭 1408円
    作家 下村敦史
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/08/02

    組織に刃向かい、居場所を失くした新宿署の田丸刑事。絞殺体で発見されたOLの事件捜査でも主軸から外されたが、帰宅途中に歌舞伎町の人気ホストの刺殺体を発見する。二人の思いがけない共通点を見つけ、その...

講談社文庫関連作品

  • 新着!
    脳男 新装版 880円
    作家 首藤瓜於
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/08

    感情のない人間に意思はあるのか。ミステリー史上唯一無二の異色のダークヒーローが時代を超えて再降臨する!

  • 英雄ありて 660円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/04/28

    史記、三国志、唐詩、西遊記、水滸伝に登場する魅力的な中国史の英雄とその舞台を語る好著。中国史上の雄大な人間ドラマを活写。

  • 太平天国 (1~4巻) 660円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/04/28

    アヘン戦争から7年後、小乱が続き匪賊が横行する、物情騒然たる中国で、洪秀全が頭角を現わしてきた。15年の興亡を描く大河小説。

  • マイ リトル NEWS 660円
    作家 柴門ふみ
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/04/28

    つんく、松田聖子、小室哲哉......ちょっと気になるワイドショーネタを、文章とカラーイラストでユニークに考察するヤジ馬エッセイ。

  • 東眺西望 歴史エッセイ 660円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/04/28

    秦の始皇帝陵のおびただしい兵馬俑、草原に展開する遊牧と定住のドラマ......。人の英知と歴史の知恵を模索する名エッセイ。

  • カーラリー殺人事件 660円
    作家 石沢英太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/04/28

    宗谷岬から出発し佐多岬まで走りつくす、画期的な日本縦断カーラリー。この催しの背後には、さまざまな野望と悪とが隠されていた!

「日本」カテゴリ