読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

こっち向いて、神様 おんぼろ社の大豪邸(一二三文庫)

こっち向いて、神様 おんぼろ社の大豪邸(一二三文庫)
電子書籍版
価格 792円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 324
販売開始日 2019/12/05
紙書籍版 取り扱い中

小さな神社を抜けるとそこは大豪邸でした―。ある雨の日、とある事情から家出をした女子高生・ルリを助けたのは、おんぼろ社の神様だった。おんぼろだと思っていた神社は、実は大豪邸に繋がっていて......。気づけばそのまま居候することになったルリの新たな同居人は、神様に、鳥に、梅に、鞠に、鯉?! 頼りになるけどシャイでオトメンな神様と現代っ子な女子高生・ルリ、......と愉快な仲間たちが織りなすドタバタラブコメディ!

おむ・ザ・ライス関連作品

一二三文庫関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    忘れられたその場所で、 1870円
    作家 倉数茂 カワタアキナ
    出版社 ポプラ社
    販売開始日 2021/05/19

    氷漬けの死体。四十五年前の秘密。連鎖する謎の行方は――『名もなき王国』の著者が贈る、幻想に彩られた傑作社会派ミステリ!

  • 新着!
    湯けむり食事処 ヒソップ亭 (1~2巻) 1562円1672円
    作家 秋川滝美
    出版社 講談社
    販売開始日 2021/05/19

    温泉旅館の1階にある食事処「ヒソップ亭」には温泉客以外も美味しい料理と酒を求めて客がくる。『居酒屋ぼったくり』著者の新作!

  • 新着!
    猫狩り族の長 1771円
    作家 麻枝准
    出版社 講談社
    販売開始日 2021/05/17

    今まで虚構を描いてきた。初めて本当に思っていることを書きました――麻枝准

  • 新着!
    BAR追分 572円
    作家 伊吹有喜
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル ハルキ文庫
    販売開始日 2021/05/15

    新宿三丁目の交差点近く――かつて新宿追分と呼ばれた街の「ねこみち横丁」の奥に、その店はある。そこは、道が左右に分かれる、まさに追分だ。BAR追分。昼は「バール追分」でコーヒーやカレーなどの定食を...

  • 新着!
    食堂つばめ 704円
    作家 矢崎存美
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル ハルキ文庫
    販売開始日 2021/05/15

    生命の源は、おいしい食事とまっすぐな食欲! 「食堂つばめ」が紡ぎ出す料理は一体どんな味!? 謎の女性ノエに導かれ、あるはずのない食堂車で、とびきり美味しい玉子サンドを食べるという奇妙な臨死体験を...

  • 牟田刑事官事件簿 660円
    作家 石沢英太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    殺人現場に立っていた少年は現行犯として逮捕されたが...。自由に捜査活動のできる特権をもつ熟年警察官の異色のポリス・ストーリィ。

  • 本郷 1155円
    作家 木下順二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2021/05/14

    本郷を中軸に据え、そこにかかわる様々を語りながら時代を生き生きと甦らせ、半生を映し出して行く。本郷に染着する文化を見事描く。

  • 寺町三丁目十一番地 660円
    作家 渡辺茂男
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    一家16人もの大家族の心意気。昭和10年代に、地方都市で写真館をいとなむ福っつぁん一家をめぐる、日常と波乱の生活記録。

  • 二葉亭四迷伝 ある先駆者の生涯 1320円
    作家 中村光夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2021/05/14

    明治の黎明期に近代小説の先駆的な作品『浮雲』を書き「言文一致体」を創出した文豪二葉亭四迷の46年の悲劇的な生涯。評伝文学。

  • 中国詩人伝 859円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/05/14

    中国詩の巨星たち。最初の詩人屈原から中国革命の星魯迅まで、明快に面白く描く詩人伝の決定版。熱気と自省、真情溢れる詩魂を語る。

  • 月下のサクラ 1683円
    作家 柚月裕子
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2021/05/14

    機動分析係とは事件現場で収集した情報を解析・プロファイリングをし、解決へと導く部署だ。 森口泉は念願かなって分析係への配属となった。しかしメンバーは癖のある者ばかりで、なかなかなじむことができな...

  • 恥部の思想 現代日本のエッセイ 880円
    作家 花田清輝
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2021/05/14

    映画、演劇、ミュージカル、演歌、浪曲などを低俗と見なす風潮に敢えて抵抗し溌剌とした批評精神と快適極まる説得力でB級文化発見。