読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

この色を閉じ込める

この色を閉じ込める
電子書籍版
価格 748円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 312
販売開始日 2020/01/31
紙書籍版 取り扱い中

恐怖度&驚愕度No.1
『ため息に溺れる』大幅超えのラストがあなたを待ち受ける。

立川署の刑事である薫と赤川は、管轄内で死亡した神田歩美の日記を見つける。そこに記されていたのは我が子の成長記録。歩美の息子・春樹は、日記が書かれる十年前に死んだはずなのに――。不審に思った二人は、歩美が暮らしていた二荘村を訪れる。だが滞在中、村内で殺人事件が発生。住人たちからは「犯人は春樹だ」という声が......。

石川智健関連作品

中公文庫関連作品

  • 新着!
    江戸落語事始 たらふくつるてん 858円
    作家 奥山景布子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    口下手の甲斐性なしが「江戸落語の始祖」!? 覚えなき殺人罪で京から江戸に追われた鹿野武左衛門。仇討ちの恐怖に怯える中、馬鹿咄をする才を見いだされ、崖っぷち人生が変わっていく。将軍綱吉による激しい...

  • 新着!
    ジウ 770円
    作家 誉田哲也
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    〈ジウ〉サーガ、ここに開幕――。人質籠城事件発生! 門倉美咲、伊崎基子両巡査が所属する警視庁捜査一課特殊犯捜査係も出動する。だが事件は......!?

  • 新着!
    奇貨居くべし (1~4巻) 858円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    秦の始皇帝の父ともいわれる呂不韋。一商人から宰相にまでのぼりつめたその波瀾の生涯を描く。十五歳の少年・不韋は、妾腹の子であるため、家にあっても孤独で、確たる未来を描けないまま日々を送っていたが....

  • 新着!
    片隅の人たち 946円
    作家 常盤新平
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    翻訳者はみんな変っていて、それに貧乏だった――。直木賞受賞作『遠いアメリカ』と同時期を背景に、出版界の片隅でたくましく生きる個性豊かな面々を、憧れに満ちた青年のまなざしからとらえた自伝的連作集。...

  • 新着!
    オッドアイ (1~6巻) 704円880円
    作家 渡辺裕之
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    元空挺団出身の刑事が連続殺人鬼と対決する。「傭兵代理店」の渡辺裕之が描く、新時代の警察小説。

  • 新着!
    死香探偵 (1~4巻) 704円
    作家 喜多喜久
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/01/20

    分析オタクのイケメン准教授×死の香りをかぎ分ける青年が、不審死事件を《嗅ぎ》解く!「キュリー」著者の最新作!

「日本」カテゴリ