読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

漂流郵便局 お母さんへ 届け先のわからない手紙、預かります

漂流郵便局 お母さんへ 届け先のわからない手紙、預かります
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1188円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 162
販売開始日 2020/04/22
紙書籍版 取り扱い中

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

胸にしみる、届けられない母への手紙。

「亡くなったお母さんへ 今だから言える たくさんのありがとう」
漂流郵便局に届いた第一通目の手紙は、こう綴られていました。切実な筆跡で、一輪の赤いカーネーションの絵を添えて。

漂流郵便局はもともと2013年の瀬戸内国際芸術祭の出展作品として、
瀬戸内の粟島にある古い郵便局舎を蘇らせたアートプロジェクトでした。

「こちらは、届け先のわからない手紙を受け付ける郵便局です。
いつか所在不明の存在に届くまで、手紙を漂わせてお預かりします。」
というコンセプトが話題を呼んで、
開局7年目の今、預かる手紙は4万通に迫ります。

いつの間にか、漂流郵便局はアート作品から、私たちの心の漂着を許してくれる特別な場所へと変貌してきました。

本書は『漂流郵便局 届け先のわからない手紙、預かります』(2015年初版)に続く書籍です。
開局以来続々と届くお母さんあて、お母さんからの手紙を収録しています。

文面から伝わる愛、感謝、後悔、反省、勇気、希望......。
かけがえのないひとへの想いが深く温かく胸にしみる一冊です。

※巻末に〈本書限定オリジナルはがき〉は電子版には付きません。

シリーズ作品

小学館関連作品

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ