読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

色川武大・阿佐田哲也 電子全集13 色川武大 異色小説群『小説阿佐田哲也』ほか

色川武大・阿佐田哲也 電子全集13 色川武大 異色小説群『小説阿佐田哲也』ほか
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2200円(税込)
ポイント還元 22ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/04/24

色川が“阿佐田哲也”を「奴」と呼び展開する異色作『小説阿佐田哲也』や『無職無宿虫息』、幻の短篇「空の女」を収録。

色川自身が“作家・阿佐田哲也”について「奴」と呼び、他の博奕打ちとの会話を軸にストーリー展開する『小説阿佐田哲也』。単行本あとがきに「面倒だから、他者も出さない。作中人物は、自分の分身で済ませてしまう。一人言小説、近親者小説である」と記す。二人の作家の顔をもつ色川が、そのキャラクターが綯い交ぜになるような演出の妙を醸し出す異色作品。
また、『無職無宿虫の息』は1977年から79年にかけて「小説現代」に断続連載された短篇7篇で構成。戦中戦後に青春時代を過ごした「私」による、名人の落語の速記録を読むような語り口が、落語好きの色川らしさを表している。
『あちゃらかぱいッ』は浅草芸人たちの痛切な生き様を描いた伝記小説集で、さらに、単行本未収録作品が5篇も収録。特に「空の女」は、雑誌「ショートショートランド」1982年春号に掲載された小篇で、全集等にも未収録の貴重な一篇として注目される。
解説は、作家の佐伯一麦氏。付録として『あちゃらかぱいッ』所収の「ヘロヘロ伍一」と「浅草葬送譜」の生原稿等を収録。

シリーズ作品

色川武大関連作品

阿佐田哲也関連作品

「日本」カテゴリ