読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

フクシマ事故と東京オリンピック【7ヵ国語対応】 The disaster in Fukushima and the 2020 Tokyo Olympics

フクシマ事故と東京オリンピック【7ヵ国語対応】 The disaster in Fukushima and the 2020 Tokyo Olympics
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 152
販売開始日 2020/08/21
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【7ヵ国語の訳文掲載】
専門家の立場から40年以上原発の廃止を訴え続ける元京大原子炉実験所助教・小出裕章氏、待望の新刊。
「罪のない人を棄民したまま『オリンピックが大切』という国なら、私は喜んで非国民になろう」
‐‐悔恨と怒りの思いを4600字余の言葉に込めた覚悟のメッセージ。

59頁の写真図版と7つの言語(英語、ロシア語、中国語、アラビア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語)で世界に告発する、原発事故9年目の実情と東京五輪という犯罪的愚行。152頁オール4色 。

今、私たちがやるべきことは五輪ではない!
‐‐オリンピックは、いつの時代も国威発揚に利用されてきた。近年は、箱モノを作っては壊す膨大な浪費社会と、それにより莫大な利益を受ける土建屋を中心とした企業群がオリンピックを食い物にしてきた。しかし、今もっとも大切なのは、「原子力緊急事態宣言」を一刻でも早く解除できるよう、国の総力を挙げて働くことである。フクシマ事故の下で苦しみ続けている人たちの救済こそ、最優先の課題である。‐‐(本書より)

世界の人々へ伝えたい。
つらい事実だけれど、これが日本の実情です。
だから、五輪は返上しなければならない!

■出版の経緯
2018年7月、元京大原子炉実験所助教・小出裕章氏は、ひとりの日本人女性からの依頼を受け「フクシマ事故と東京オリンピック」と題する文章を書いた。
その後それは英訳され、同年10月、世界各国のオリンピック委員会などに書簡として送られた。今回、その原稿を基に一部加筆・修正。初めてまとまった形で出版される。

小出裕章関連作品

径書房関連作品

  • 1分で効く! 下痢止めBOOK 1760円
    作家 加藤直哉
    出版社 径書房
    販売開始日 2021/02/05

    突然、所かまわず襲ってくる腹痛と下痢――。 あなたは、そのたびに、人目を気にしながら、あわててトイレに駆け込んでいませんか? そのせいで、会食や遠出を避けるようになっていませんか? 「人より...

  • アメリカの少年野球 こんなに日本と違ってた 1760円
    作家 小国綾子
    出版社 径書房
    販売開始日 2018/12/14

    上原浩治投手が推薦!! 第24回 ミズノスポーツライター賞 優秀賞受賞 9歳の息子、太郎を連れて渡米。 アメリカの少年野球チームに参加した太郎を通して見た、アメリカの少年野球の実態は、日本の少...

  • 天皇の戦争責任 2552円
    作家 加藤典洋 橋爪大三郎 竹田青嗣
    出版社 径書房
    販売開始日 2014/05/23

    私たちは「天皇の戦争責任」を問うことに飽きてしまった。だが、ここに新しい問いの形がある。

  • 「乳がんです」と言われたら、あわてて切ってはいけない! 924円
    作家 渡辺容子
    出版社 径書房
    販売開始日 2014/05/23

    乳がんは悪性・良性の判断が難しく、治療する必要のない(命の危険がない)「がんもどき」も少なくない。早期発見・早期治療は、本当に患者のためになっているのだろうか。あわてて治療を始める前に、ぜひご一...

  • 上野英信集 (1~5巻) 2288円3256円
    作家 上野英信
    出版社 径書房
    販売開始日 2014/05/23

    【上野英信集】 絶望に満足しない態度と鋭い光。 炭坑に生活する人々の生きざま、死にざま。その奥底に沈殿した怒り、悲しみ、そして誇りと愛。そこにこそ、著者は光をあて、掘り起こし、人間としての生き方...

  • ぱんぱかぱん 1056円
    作家 小林茂 森永都子
    出版社 径書房
    販売開始日 2014/05/23

    重度の障害を持つ少年たちが琵琶湖周遊の徒歩旅行を行う。まさにその姿は「ぱんぱかぱん」と呼ぶにふさわしい。

「社会・思想」カテゴリ