読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

シン・サラリーマンの心療内科――心が折れた人はどう立ち直るか

シン・サラリーマンの心療内科――心が折れた人はどう立ち直るか
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 186
販売開始日 2020/09/11
紙書籍版 取り扱い中

【内容紹介】
「コロナは事実上、全世界の人々を人質にとった。人は逃げるに逃げられない。この不安な状況は、ある種の精神病に陥った人々が感じる不安と同質のものである。」(本書より)

生命の危機、経済破綻......。病院に列をなす人々が直面する「カオスの縁」を現役の精神科医が明かす。

都心から少し離れた街中の心療医院に、毎日驚くほど多くの“悩める人々”が訪ねてくる。現代文明によって生み出され、ネット依存やコロナ禍で増幅される、その「不安」の正体とは?
「コロナうつ」と闘う精神科医が、現場から報告する魂の救済ドキュメント。月刊『FACTA』の好評連載、待望の書籍化!

【著者紹介】
[著]遠山 高史(とおやま・たかし)

1946年生まれ。精神科医。桜並木心療医院院長。
千葉大学医学部卒業後、医療法人博道会館山病院精神科長、茂原保健所長、千葉県精神科医療センター診療部長・センター長などを歴任。
2012年には24時間対応の精神科救急の仕組みづくりに尽力してきたことが認められ「医療功労賞」を受賞。
2014年桜並木心療医院を開設し院長に就任。精神医療の現場に立ち会う医師としての経験を生かし、雑誌『選択』『FACTA』等にエッセイを連載。
著書に『ビジネスマンの精神病棟』(JICC出版局、のちちくま文庫)、『医者がすすめる不養生』(新潮社)、『素朴に生きる人が残る』(主婦の友社)など。

【目次抜粋】
【目次抜粋】
はじめに
第1章 心療医院に列をなす“悩める人々”
精神科医になるしかなかった
課長の心の底に巣くう「鬼」 ほか
第2章 「共感力」が育たない社会
「ノー」と言えぬ若者の自我
「土の匂い」がしなくなった日本人 ほか
第3章 他者の不在が自我肥大を招く
先輩が怖くて仕事に行けぬ20代保育士
文明が生む予測不能な攻撃者 ほか
第4章 免疫力を低下させる不安の源
睡眠負債のSEに2万通のメール
コミュニティーの喪失が自殺をもたらす ほか
第5章 カオスからの使徒、コロナウイルス
現実的交流のない「セル」の住人
「死にたい願望」に囚われる少女 ほか
おわりに

遠山高史関連作品

プレジデント社関連作品

「自己啓発」カテゴリ