読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

【オンデマンド企画】谷川浩司全集 平成五年・六年度版 プレミアムブックス版

【オンデマンド企画】谷川浩司全集 平成五年・六年度版 プレミアムブックス版
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 7920円(税込)
ポイント還元 79ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 700
販売開始日 2020/09/18

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

平成五、六年は谷川浩司にとって厳しい年だった。王将戦はからくも防衛を果たしたが棋聖戦前期、王座戦、棋聖戦後期とすべて羽生善治に敗れ一冠に転落してしまう。
羽生との名人戦挑戦者決定戦にも敗れ、その日は担当記者と井上六段(当時)を連れて明け方まで飲み明かしたという。
平成六年、六冠王になった羽生がついに最後のタイトル、王将を取りに来る。
第1局、谷川先勝。そこで未曽有の大災害が起こった。平成7年1月17日5時46分、阪神淡路大震災である。
1月20日に関西将棋会館の対局室に座ったとき、谷川は純粋に将棋を指せる喜びをかみしめたという。
その後フルセットまでもつれこんだ第44期王将戦七番勝負、その最終局が千日手になった。ドラマでもここまで書けないであろう展開だ。
七冠か、防衛か。
最後の戦いを制したのは、谷川だった。

谷川浩司関連作品

プレミアムブックス関連作品

「囲碁・将棋」カテゴリ