読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

上高地発 殺意の墓標

上高地発 殺意の墓標
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 682円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/12/04

上高地から穂高岳、燕岳、蝶ヶ岳、常念岳、そして安曇野。刑事・道原伝吉が所属する長野県警豊科署は北アルプスの山岳一帯を管轄に持つ。美しい山岳風景の中で起こったさまざまな事件、遭難、殺人、失踪、誘拐、逃亡......、がテーマの短編集。人情刑事・道原伝吉を中心に刑事たちが、裏に隠された男女の物語を追い、鮮やかに事件を解決に導いていく。季節をわけた凝ったつくりは、味わい深い。

梓林太郎関連作品

  • 新着!
    黒部渓谷殺人事件 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/05/14

    残業で帰宅が遅くなったときのために、自宅とは別にアパートを持つ――。 妻の承諾のもと、遠距離通勤しているサラリーマンにとっての夢のひとつを叶えた銀行マンの相原亮介だったが、一本の恐ろしい脅迫電話...

  • 霧多布殺人湿原 671円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/04/23

    長野県諏訪市の現職市長の愛娘で、東京の女子大に通う植草真砂子が失踪した。 内々に調べてほしいと市長直々の依頼を受けた諏訪署署長は、真砂子が暮らす東京のアパートに道原伝吉を派遣した。しかし、めぼし...

  • 流転山脈 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/03/26

    群馬県月夜野町の川沿いの草むらで、東京ナンバーのタクシーが運賃メーターが作動したまま放置されていた。その額12万超。あたりを探すと、運転手は殺害され、車のキーはどこにもなかった。乗客の姿もなかっ...

  • 黒白の起点 飛騨高山殺意の交差 792円
    作家 梓林太郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/02/10

    この女、一体何人殺ってるんだ? 札幌・飛騨高山・上高地...流行作家とその秘書が辿りついた真相とは? 長篇旅情推理。

  • 南信州殺人神楽 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/02/05

    長野県茅野市の市会議員の息子が、離れの家で殺害された。隣の部屋で寝ていた祖母は、犯人は面をつけていたと証言した。 漠とした証言だったため、真偽を疑う捜査員もいたが、道原伝吉はそれを真実としてコツ...

  • 阿蘇・黒川温泉殺人事件 682円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2020/12/11

    信州・安曇野市の西に位置する常念岳への登山口、一ノ沢でリュックを背負った男の遺体が発見された。 五月とはいえ、常念岳登山にはピッケルとアイゼンが必要になるが、遺体の所持品からはそれらの装備が見つ...

シティブックス関連作品

  • 紺屋海道・蔵の街殺人事件 671円
    作家 木谷恭介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/04/30

    愛知県半田市――。江戸時代から酢の生産で栄えた街。そこに住む女性、歌津若菜に陳と名乗る中国人からおかしな電話があった。「エイズの治療薬を開発しているバイオ企業の開発は失敗、暴落するから株を売れ」...

  • 荒野論 660円
    作家 小林恭二
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/04/23

    小林恭二、初期の貴重な短篇集。福武書店から刊行されたものである。 佐藤亜紀が本書について文庫本内で記しているのでほんの一部を引用しよう。 「小林恭二の小説には(略)ぞくぞくするような快楽がある。...

  • 黄金郷伝説〈人の巻〉慶長太平記 770円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/04/09

    名古屋三四郎を預けるために頼った会津では留まることができず、友右衛門と野笛の一行三人は越後へと向かった。 山間の集落、阿田村で友右衛門と野笛は正式な夫婦となりしばしとどまった後、城下へ。まさに徳...

  • 倉敷美術館殺人事件 671円
    作家 木谷恭介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/04/02

    岡山県の倉敷にある大手運送会社の創始者の息子が、岡山県の牛窓郊外で殺害された。 そのニュースを見た東京の画廊に勤める八坂葉子は、遠くの事件であったが、倉敷の美術館で購入した土産物の仏像が関係して...

  • 彷徨える黄金〈地の巻〉慶長太平記 770円
    作家 半村良
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/03/19

    堺の豪商、今井宗薫からの依頼で鈴波友右衛門は出雲のお国の子、三四郎を守って会津を目指した。 安房の国を経て北へ向かう旅には、真田幸村の娘、野笛との3人旅だが、行く先々で真田の手のものに守られてい...

  • ももいろ温泉郷 671円
    作家 小玉二三
    出版社 シティブックス
    レーベル アデュルト社
    販売開始日 2021/03/19

    駆け出しのフリーライター奥修司が編集プロダクションの美人社長から依頼を受けたのは、文豪・大谷春光の傑作短編「鬼こもる宿」の舞台がはたしてどこなのかを探すことだった。 ここではないかと当たりをつけ...

「日本」カテゴリ