読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

お前の妻は、オレの淫乱肉嫁 ~お隣さんは欲求不満でした~ アドベンチャーゲームブック

お前の妻は、オレの淫乱肉嫁 ~お隣さんは欲求不満でした~ アドベンチャーゲームブック
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2020/12/18

――このマンションに引っ越してきた当日のこと。
玄関先で一息ついていると、ふいに誰かに話しかけられたんだ。
振り返ってみればそこには、すごく美人な女性が立っていた。
顔を見たその瞬間に、僕は気づいてしまったんだ。
......この隣に住む‘春海’さんという人は、
間違いなく、僕の大好きだった元AV女優の‘ハルミ’だと。

「絶対に本人だよな......うん......」

1人呟きながら、ハルミが出演しているAVのパッケージを手に取ってみた。
そこにはやっぱり、どう見ても春海さんとしか思えない人が写っている。
変なことを考えたせいか、なんだか久しぶりに鑑賞したくなり、
映像をボンヤリと見つめていると、どこからともなく物音が......。

「あっ、ご、ごめんなさいっ......!」

振り返った先には、ここにいるはずのない春海さんがいた。
突然の出来事だったので、頭が真っ白になったまま何も喋れなくなってしまう。

「お夕飯のおすそ分けをしようと思って、
インターホンを鳴らしたんだけどっ......カギが開いていたから、そのっ......」

逃げるような足取りで、春海さんは部屋を出て行こうとする。
咄嗟に腕をつかむと僕は、前から気になっていたことを、ついポロっと聞いてしまった。

「あ、あのっ......このAV女優って、春海さんですよねっ......」

掴んでいた春海さんの腕を、グッと引き寄せる。
......僕はずっと春海さんとヤれるのを夢見ていたんだ。
あともう少しで手が届きそうなのに、ここで諦めることなんて出来ない。
......なにがなんでも僕は、春海さんとセックスしてやる。

「近所中にバラされたくないなら、言うこと聞いてくださいっ......!」
※注意
この書籍は、文中に現れる選択肢をタップごとにストーリーが変化する「アドベンチャーゲームブック」を含んでいます。
選択肢をタップせずにページをめくると表示される警告文を無視して進みますと、
現在、読んでいるストーリーの文脈とは、関係ない文章が表示されますので、ご注意下さい。

UNREALPUBLISHING関連作品

UNREAL PUBLISHING関連作品

「ライトノベル」カテゴリ