読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「自然死」のすすめ ~「死に上手」になるために ~【電子版限定特典付】

「自然死」のすすめ ~「死に上手」になるために ~【電子版限定特典付】
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 935円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 218
販売開始日 2020/12/25
紙書籍版 取り扱い中

食べられなくなったら、それはお迎えのサイン。
療養型病院と救急医療の現場で死を見届けてきた医師が伝える穏やかな逝き方。

超長寿社会のなかで、置き忘れられているのが、長生きしたその先にある、どうやって平穏に旅立っていけるかです。残念ながら現在の日本の病院は、平穏に旅立たせてくれる場所ではありません。病院は「生かす」ことが目的ですから、延命治療が行われます。その方法は、平穏とはほど遠い施術です。
本書には、なるべく病院のお世話にならず、幸福なまま旅立つための大事な心得が詳細に書かれています。
長生きを楽しみつつ、平穏なままエンディングを迎えるために、是非、本書をご一読ください。

【目次より抜粋】
第一章 命は、終わらない
・あの世で決めたテーマを学びに、この世に来る
・魂(運転手)は、最適な身体(車)を選んでくる...etc.

第二章 感謝上手は、死に上手
・心配すると、それが現実となる
・目の前のヒト、モノ、コトすべてに感謝する...etc.

第三章 みんな死ぬときは、ひとりです
・あの世から迎えに来る人、待っている人
・「孤独死はかわいそう」の風潮にまどわされない...etc.

第四章 お迎えが来るその日まで、精いっぱい楽しむ
・目の前のことに夢中になる
・「努力」「一所懸命」を目的にしない...etc.

第五章 「死に上手」になるための準備
・ピンピンコロリと逝くために
・家族がいてもいなくても、リビングウィルを作っておく
・在宅医療をしてくれる、かかりつけ医を見つける
・墓は必ずしもいらない...etc.

第六章 今の医療で「死に上手」になるために
・医療はほどほどに使う、という提案
・病院は平穏死をさせてくれない所だと、覚えておく
・突然倒れてしまったら
・延命治療とは、どんな治療か知っておく...etc.

第七章 「死ぬこと」は自然にまかせて
・食べられなくなったら、お迎えのサイン
・寿命を知っていたら、どう生きる?
・「死ぬこと」は心配いらない...etc.


※本書は2019年12月に小社より刊行された『安心して、死ぬために』を加筆修正したものです。

※この作品には、電子版巻末特典として、矢作直樹著『日本史の深層』(小社刊)の一部が収録されています

矢作直樹関連作品

扶桑社BOOKS新書関連作品

「エッセイ・雑学」カテゴリ

  • 新着!
    一度きりの大泉の話 1980円
    作家 萩尾望都
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2021/04/21

    12万字書き下ろし。未発表スケッチ多数収録。 出会いと別れの“大泉時代”を、現在の心境もこめて綴った70年代回想録。 「ちょっと暗めの部分もあるお話 ―― 日記というか記録です。 人生にはいろ...

  • 新着!
    お寺の日本地図 名刹古刹でめぐる47都道府県 1100円
    作家 鵜飼秀徳
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2021/04/20

    お寺がわかればその土地がわかる。 お寺は「日本を知る」最強のパワースポットだ! 東北のオススメ古刹は芭蕉に聞け? 善光寺にはなぜ宗派がない? 日本で唯一国宝のお寺、「本物の釈迦の骨」を安置する...

  • 高倉健からアホーと呼ばれた男 付き人西村泰治(ヤッさん... 1980円
    作家 山平重樹
    出版社 かや書房
    販売開始日 2021/04/16

    2014年に83歳で没し、2020年に七回忌を迎える戦後最大の映画スター高倉健。素顔の「健さん」は厳しい中にも、意外な茶目っ気があってイタズラ好きでもあった――。40年来の付き人・西村泰治が本音...

  • 女の節目は両A面(TAC出版) 1200円
    作家 岡田育
    出版社 PHP研究所
    レーベル TAC出版
    販売開始日 2021/04/16

    【本書は紙版では、前から右開きで、後ろから左開きで読める構成になっていますが、電子版では対応しておりません。予めご了承ください。】「いままで」と「これから」あなたの人生にA面が2つ。“初恋”“初...

  • 人生は論語に窮まる 550円
    作家 谷沢永一 渡部昇一
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2021/04/16

    論語は究極の人生論である。そのエッセンス、読みどころ、日常への役立て方を、当代一流の読書人の二人が、やさしく面白く解説する。

  • ハッピーライフ 1650円
    作家 北大路公子
    出版社 寿郎社
    販売開始日 2021/04/16

    日記をつけることで〈幸福〉を楔で心に打ち付ける女。17年間、帽子とマスクで顔を覆い商店街の中だけで暮らす女。夫の浮気相手である図書館司書を日々監視する女。理想の家庭を夢見ながら妻に家出された男....

  • 生きていくのはアンタ自身よ 佐保利流「人生」と「勉強」... 480円
    作家 森毅
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2021/04/16

    「人間の世界は杉林よりも雑木林の方が面白い」「集団生活が好きでなくても気にするな」等々、人生の達人が個性豊かで自在な生き方を指南する。親子で楽しめる一冊。

  • しゃにむに写真家 1760円
    作家 吉田亮人
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/04/16

    いしいしんじさん推薦! 「ろうそくの灯を手のひらに包むような読書。ことばにも、写真と同じように、吉田さんのなかの「人間の光」が、さやかに溢れだしている。」 「今の仕事をこのまま続けるつもり...

  • 今日の書き散らし 1430円
    作家 書きちらし
    出版社 主婦の友社
    販売開始日 2021/04/16

    SNSで話題! ネットの気になる言葉を著者・書きちらしが達筆に変換! 文章と美文字のギャップに、ニヤリとする一続出!

  • おとなの教養3 私たちは、どんな未来を生きるのか? 968円
    作家 池上彰
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2021/04/16

    教養とは、「過去を未来に生かす技術」です。 気候変動にパンデミック、データ経済とDX、人種・移民問題、米中新冷戦からポスト資本主義まで――。これからの世界を左右する6つのテーマについて、歴史や...

  • 斎藤一人 一人道 1386円
    作家 斎藤一人
    出版社 マキノ出版
    販売開始日 2021/04/15

    ■「常識にとらわれるから苦しくなるんだ。 常識の枠を超えれば人生は開けるよ」 一人さん流生き方指南 ■「私は、誰かを傷つけたり、 法に触れたりしなければ、 どんどん常識の枠を超...

  • 花のいのち 770円
    作家 瀬戸内寂聴
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/04/15

    95歳を超えてなお現役の作家であり続ける著者が、四季折々の花によせて人生の旅路をたどり幸福の知恵を伝える、珠玉のエッセイ集。