読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

実話怪談 樹海村

実話怪談 樹海村
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 715円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2021/01/21
紙書籍版 取り扱い中

内容紹介
◆謎の村「樹海村」は実在するのか――?

山道から七〇〇メートル以上離れた樹海の最深部で数年前、朽ちた複数のテントが発見された。
錆びたガスコンロに、鍋、フライパン、空容器の残骸。
木々に張ったロープにはボロキレのような洗濯物が干されていた。
果たしてそれは何を意味するのか?
青木ヶ原樹海を探索し、これまでに七〇体以上の自殺遺体をしてきた樹海のスペシャリスト・栗原亨が映画の舞台を徹底検証、自殺の森の真の姿と恐怖に迫る。
また、かの地で実際に起きた怪奇心霊現象、訪れた人の恐怖体験などを記した樹海怪談十七篇も収録。
樹海は呪界――リアルな恐怖が迫りくる、実話怪談版・樹海村!

日本最恐の禁足地・樹海のミステリーを解き明かす...

◆収録内容

第1部 樹海ルポルタージュ 栗原 亨

間違いだらけの樹海知識
青木ヶ原樹海とは
樹海に自殺死体はあるのか?
自殺エリアの傾向
遺体の考察
自殺者レポート
はたして樹海では本当にコンパスは狂うのか?
樹海は本当に一度入ると出られないのか?
樹海内でスマートフォン(携帯電話)は使えるのか?
樹海内で心霊現象はあるのか?
野犬は存在するのか?
カラスが見つけた遺体
まぼろしの遊歩道を探せ!
樹海最大のミステリー
自殺防止呼びかけ箱、呼びかけ看板
自殺志願者には遭遇するのか?
樹海の必見スポット
青木ヶ原“呪界”考 住倉カオス

第2部 樹海実話怪談

「誘う息」 住倉カオス *再録
「樹海のフィルム写真」 ふうらい牡丹
「彩りの森」 緒音 百
「死体探し」 乱夢
「ドラゴンズケイヴ」 神沼三平太
「見知らぬ男の夢」 月の砂漠
「死にたくない」 神沼三平太
「慰め」soo
「未来予想図。」 音隣宗二
「ズレて見える」 中野前後
「ない 」大坂秋知
「免許証」 神沼三平太
「育ての母」 つくね乱蔵
「一方通行」 橘 百花
「「こっくりさん」に纏わる話」 営業のK *再録
「泥顔」 つくね乱蔵
「干瓢」 平山夢明 *再録

ほか関連作品

竹書房文庫関連作品

  • 新着!
    大聖神 1320円
    作家 横田順彌 日下三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/04/16

    内容紹介<br>中村春吉は、みずからを五賃将軍と呼ぶ。<br>五賃将軍とは、汽車賃、船賃、宿賃、家賃、地賃を一切払わず旅を続ける者のことである<br>。<br>自転車世界一周無銭旅行を続ける中村...

  • となりの訳あり妻 770円
    作家 草凪優
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 草凪優、新作書き下ろし長編小説。

  • 熟れどき同窓会<新装版> 770円
    作家 葉月奏太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/03/22

    内容紹介 フリーライターの飯島慎吾は、高校時代の同窓会に参加するため、久しぶりに故郷の田舎町に帰省した。慎吾はライターをしながら小説家を目指していたが、なかなかものにならず、三十歳となった今、そ...

  • 静かな終末 1430円
    作家 眉村卓 日下三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/03/03

    内容紹介 やさしい口当たりと驚きの後味 最後に一篇、いかがですか? 初収録作品多数、日本SFの巨匠の知られざる傑作集 大きな戦争が起きて、どうやら世界は終わるらしい。 しかし、そんなニュース...

  • おためし村の誘女たち 770円
    作家 霧原一輝
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/03/01

    内容紹介 ◎ここは男の天国...⁉ 淫ら美女に囲まれて回春の田舎暮らし! 田舎で第二の人生を送るのが夢だった高柳耕一郎は、仕事を退職して、ある山村の「お試し移住体験」に申し込む。そして、体験期間...

  • 愛人団地 748円
    作家 橘真児
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2021/01/28

    内容紹介 失職した26歳の田中昭人は、郊外にある団地で各部屋の家事を担当する家政夫の仕事にありついた。そして初仕事で美しいOL・瑠璃子の部屋の家事をこなすと、彼女に誘惑され、バスルームで射精に導...

「日本」カテゴリ

  • 恐怖実話 怪の残滓 748円
    作家 吉田悠軌
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 「......なぁ、✕✕さんが死んだ部屋ってここか」 物がすぐに腐る強烈な事故物件で見た真実とは――(「あの人だ」より) 現場・資料・実体験から恐怖の残滓を炙り出す 吉田悠軌のリアル...

  • 西浦和也選集 獄ノ墓 748円
    作家 西浦和也
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 「あのまま家にいたら、巻き込まれちゃうよ」 累々と絡み合う実話の恐怖――「執着」(書き下ろし)より 伝説の怪談の後日談含め大幅に加筆! 書き下ろしも収録した西浦和也待望のベスト版! ...

  • 実話怪奇録 北の闇から 748円
    作家 服部義史
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 北海道の空恐ろしい話、胸に沁みいる心霊譚! 【札幌市】幻の血が溢れる薄野の裏路地 【旭川市】事故現場に囚われた少年霊 【恵庭市】絶対に祓えない霊が居座る最恐物件 【小樽市】写真に写り...

  • 鬼怪談 現代実話異録 748円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/03/29

    内容紹介 鬼は実在する――。 先祖が鬼だという資産家一族の子孫に掛けられた呪い。 その恐ろしき元凶とは...「受け継ぐ」より 鬼を見た人の証言、29話! 古来より語り継がれし異形のモノ、...

  • 大阪怪談 748円
    作家 田辺青蛙
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 徹底調査! 令和のなにわでは 今も怪奇現象が起きている... 梅田地下街で異界に迷い込む... 天王寺駅で頻発する怪奇現象 侍の亡霊が暴れる堀江の交差点 森ノ宮に縄文人の霊が... ...

  • 実話怪談 吐気草 748円
    作家 神沼三平太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 「入って入って...」 九州の廃病院の地下で 迷い込んだ奇妙な世界。 自ら幽霊と名乗る男女二人に 誘われた先は... 「廃病院」より 死ぬ・消える・終わるの果て。 絶望の底を覗く終末...

  • 現代雨月物語 物忌異談 748円
    作家 籠三蔵
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 「まだ、一番怖い話があるんです...」 夢の中で訪う温泉宿で 体験した恐怖の一夜。 女将の正体は? やがて夢は現実を侵食する... 「魔物」より 秩父三峯神社、武蔵御嶽神社 狼信仰...

  • 青森怪談 弘前乃怪 748円
    作家 高田公太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 地元青森の怪談家が蒐集した本州最果ての実話怪談! 「咳が止まらない...」 津軽の霊場・賽の河原で 二人の母を同時に襲った異変とは...「賽の河原」より 十和田湖畔のキャンプ場の怪...

  • 信州怪談 748円
    作家 丸山政也
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/02/27

    内容紹介 徹底取材! 長野県各地で今も起きている怪奇現象の数々を丸山政也が描く! 心霊譚が絶えない長野市のホテル 善光寺に巣食う妖しい怪異の数々 死者に呼ばれる軽井沢大橋 車中に何かが乗り込む...

  • 短篇小説集・写真蜘蛛 220円
    作家 田中ノリノ
    出版社 いるかネットブックス
    レーベル IKAI
    販売開始日 2021/02/26

    写真の黒い蜘蛛の影。CDを聴き、廃病院で出会ったのは...。昔の女友達が来て言ったこと。お地蔵さんが近づいてくる。

  • 尸(し) 古から隠されているもの 770円
    作家 倉阪鬼一郎
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2021/02/19

    この沼を描いてはいけない......この世界には、描いてはならないものがある

  • 「超」怖い話 丑 715円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房怪談文庫
    販売開始日 2021/01/28

    内容紹介 真冬にさらなる冷気を求めんとする猛者に捧ぐ最恐怪談集。 首を絞められた時の痣が残る夫。夜中、夫の口から若い女の声が...「いじり」、実家の納屋から出てきた身蓋箱。中に入っていた4体の...