読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

黒沼 香月日輪のこわい話

黒沼 香月日輪のこわい話
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 748円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2021/02/10
紙書籍版 取り扱い中

無邪気に見える子供の心にさえ巣くう「闇」をまっすぐ見据えた身も凍る怪談と、日常と非日常の間に漂う世にも不思議な物語。
夜中、読んじゃダメ。怖いけれど懐かしい。きっとあなたのすぐそばにも、奇妙な世界が存在する。放課後の学校で「永遠の鬼ごっこ」をする少女
たち、森の奥の禁断の地、海から男を呼び続ける人魚......。無邪気に見える子供の心に潜む〈闇〉や、ふとした瞬間に迷い込んでしまった奇妙な非日常を描いた背筋も凍る作品集。話題の新装版『桜大の不思議の森』の桜大が幼少期に体験した、祭りの夜に起きた不思議を描いた「黒沼」を収録。
目次
このさき、危険区域~学校のこわい話
ランドセルの中
たたずむ少女
扉の向こうがわ
呪い
鬼ごっこ
忘れもの
聖母
黒沼
譚の部屋
ねこ屋
鬼車
再見
海を見ていた
はげ山の魔女
人魚の壷
海を望む窓辺に
春疾風
断崖
春 茶屋の窓辺にて候
文庫版あとがき

香月日輪関連作品

徳間文庫関連作品

  • 新着!
    クレインファクトリー 935円
    作家 三島浩司
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/14

    ロボット戦争から七年。その現場だったあゆみ地区で暮らす少年マドは問う。人の「心」ってなんだろう? 書下し長篇SF。

  • 新着!
    麻倉玲一は信頼できない語り手 792円
    作家 太田忠司
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/14

    死刑が廃止されて28年後。 生存する最後の死刑囚・麻倉は、離島の特別拘置所で、刑を執行されることなく過ごしていた。 ライターの熊沢は、彼に関する本を執筆するため取材に向かう。 自ら犯した殺人に対...

  • 新着!
    警察庁私設特務部隊KUDAN (1~3巻) 880円946円
    作家 神野オキナ
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/14

    正義感ゆえに窓際だった警察官。極秘命令で、犯罪を潰す最強のチームを結成した。ライトノベルで人気の著者が描く痛快娯楽小説。

  • 兇眼 EVIL EYE 660円
    作家 打海文三
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/09

    隅田川沿いの高層マンションでルポライターが殺された。 容疑者は防犯カメラに映っていた身元不明の若い女。 警備員の武井は、死体発見者の作家・高森夏子に雇われ、事件の渦中に飛び込む羽目に。 深い魅力...

  • 汐のなごり 550円
    作家 北重人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/09

    物流の担い手だった北前船や、世界に先がけて米相場が開かれていた北の湊に生きた人々の物語。凜とした端正な時代小説!

  • 火の闇 飴売り三左事件帖 550円
    作家 北重人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2021/04/09

    惜しまれつつ逝った著者の遺作。飴売り三左の行くところ、難事件が解決する。江戸の町に、人の心に、飴売りの声が沁み渡る。

「日本」カテゴリ