読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語

渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1870円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 304
販売開始日 2021/02/16
紙書籍版 取り扱い中

【内容紹介】
「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤は、『論語』活用の達人だった
渋沢栄一は『論語』を「最も欠点の少ない教訓」と呼び、「『論語』の教訓に従って商売し、経済活動をしていくことができる」と言いました。
安岡正篤は、「『論語』には人生万象の全ての答えがある」と語っています。
大きな仕事を成し遂げた2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにありました。

なぜ2人は『論語』を「人生の羅針盤」としたのか?
『論語』は「道徳の教科書」と捉えられがちですが、実際は、精神を培って優れた人間としての成長を目指すと同時に、社会的な役割を果たし、有用な人物になること、その2つの効用を説いて、地に足の着いた妥当な判断と具体的な身の処し方を示す実用書でもあるからです。

先の見えない時代、『論語』が繰り返し読まれてきた理由
現代は、一人ひとりが自分で考え、企画を立て、周囲の人々を巻き込みながら、イノベーションを起こし、成果を挙げる、マネジメント能力が求められる時代です。
最も重要なのは、人間関係はじめ社会の様々な関係を上手に築くこと。『論語』は人間関係の基礎は「信頼」である、社会の中の様々な関係を信頼関係に変えることが最も大切であると説き、具体的な方法を示しています。
どんな時代でも変わらぬ普遍的な原理・原則が重要です。

2人の『論語』の読み方、活かし方を徹底解説
全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫・安岡定子氏が、渋沢栄一の著書『論語講義』と安岡正篤の著書『論語の活学』を読み解き、心の安定を得て、誤った判断を避け、人間関係を円滑にして充実した人生を生きるためのヒントを解き明かします。

【著者紹介】
[著]安岡 定子(やすおか・さだこ)
公益財団法人 郷学研修所・安岡正篤記念館理事長
1960年東京都生まれ。二松学舎大学文学部中国文学科卒業。陽明学者・安岡正篤の孫。
現在、「斯文会・湯島聖堂こども論語塾」「伝通院寺子屋論語塾」等、都内の講座以外に宮崎県都城市、京都府京都市、神奈川県鎌倉市など全国各地の定例講座は20講座以上に及び、幼い子どもたちやその保護者に『論語』を講義している。また企業やビジネスパーソン向けのセミナーや講演活動も行っている。
『親版 素顔の安岡正篤』『壁を乗り越える論語塾』『心を育てるこども論語塾』田部井文雄共著『仕事と人生に効く成果を出す人の実践・論語塾』、『はじめての論語』等、著書多数。

【目次抜粋】
第1章 渋沢栄一と安岡正篤と私
学問とは何かを教えてくれた祖父
渋沢栄一と母校とのご縁
今を生きるための『論語』 ほか
第2章 『論語』は最高の「人生の指南書」
誰もが納得して実行できる教訓
人として最も大切な徳、「仁」について
「心の故郷」として常に座右に置いておきたい10の章句 ほか
第3章 ビジネスの教科書とした渋沢栄一
「維新の三傑」をどう見ていたか ほか
第4章 人材育成の要諦とした安岡正篤
志と教養を併せ持つ人材を育成する
「政財界の指南役」の本当の役割 ほか
第5章 2人の達人による『論語』の名講義
第6章 特別対談 埼玉に縁のある二人の巨人に学ぶ

安岡定子関連作品

プレジデント社関連作品

「教養・雑学」カテゴリ