読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ここじゃない世界に行きたかった

ここじゃない世界に行きたかった
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1599円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2021/02/25
紙書籍版 取り扱い中

あたりまえに生きるための言葉を取り戻す。
出会うべき誰かと強く惹かれあうために――。

アメリカ在住のエッセイストが贈る、瑞々しいデビュー作!


「バズライター」が自分を取り戻すために綴り続けた文章は、ゆっくりと静謐で美しかった。ここじゃない場所へ移動できないときにも、世界を閉ざさないためのしなやかな本がある。
――ブレイディみかこ

日本の内側にも外側にもぽんぽんと弾んで飛びだしてゆく、ゴムまりを思わせるエッセイ集。まっすぐに思索し、いまという時代を映す勇敢なゴムまりである。
――江國香織


SNS時代の求愛方法/エシカル消費とBLMの繋がり/ホラ吹グリーンウォッシュ/ポストラグジュアリーの潮流/大統領選、青と赤のあわいにある色たち/ミニマルな働き方/とびきり美しい傘/「良いことでは飯が食えない」への終止符を......etc.

note等で大反響を呼んだエッセイを大幅に改稿し、書き下ろし6篇を加えた一冊。
世界の諸問題への視点と生活への美意識が胸を打つ、〈多様性の時代を象徴する〉新世代エッセイ集!

文春e-book関連作品

  • 新着!
    西暦一〇〇〇年 グローバリゼーションの誕生 2200円
    作家 ヴァレリー・ハンセン 赤根洋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/13

    西暦1000年。 西ヨーロッパはいまだ暗黒時代からの復興の途上にあり、大航海時代は遠い先のことだ。 しかし本書はその西暦1000年こそが「グローバリゼーションが誕生した年」である、と西欧中心の史...

  • 新着!
    シェフたちのコロナ禍 道なき道をゆく三十四人の記録 1901円
    作家 井川直子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/13

    コロナ禍で苦境に置かれた飲食業界。 補償なき自主休業か、儲けの出ない営業か、 それとも他に道はあるのだろうか。 レストランやお店を続けることはできるのか。 料理人であり、スタッフを抱えるリーダー...

  • 新着!
    台北プライベートアイ 1801円
    作家 紀蔚然 舩山むつみ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/13

    台湾発、私立探偵小説の新たなる傑作が登場! 監視カメラの網の目をかいくぐり、殺人を続ける犯人の正体は? 劇作家で大学教授でもある呉誠(ウーチェン)は若い頃からパニック障害と鬱病に悩まされてきた...

  • 新着!
    星落ちて、なお 1801円
    作家 澤田瞳子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/05/12

    鬼才・河鍋暁斎を父に持った娘・暁翠の数奇な人生とは――。 父の影に翻弄され、激動の時代を生き抜いた女絵師の一代記。 不世出の絵師、河鍋暁斎が死んだ。残された娘のとよ(暁翠)に対し、腹違いの兄・...

  • 英文学教授が教えたがる名作の英語 1801円
    作家 阿部公彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/04/27

    フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ポー、村上春樹―― 「黄金の抜粋」で出会う本物の英語! カンタンな英文だけでは、英語を操るための「体幹」が身につきません。 歯ごたえたっぷりの名作には、英語...

  • 私のスケート愛 1599円
    作家 浅田真央
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/04/27

    今なお輝き続ける、浅田真央。 引退後、3年をかけてじっくりと現役中のことを振り返ったフォトエッセイ。オリンピックの悔しさ、ライバル、キム・ヨナのこと、母との思い出、将来について。そして、この3年...

文藝春秋関連作品

「エッセイ・雑学」カテゴリ