読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

赤い帝国・中国が滅びる日

赤い帝国・中国が滅びる日
電子書籍版
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 286
販売開始日 2021/02/26
紙書籍版 取り扱い中

紹介
そうだったのか!
この一冊で現在の中国情勢のすべてがわかる!!
いま日本人が知っておくべきチャイナリスク2017 衝撃の真実!

中国の未来はどうなっていくのか
中国専門ジャーナリストの著者が未来シナリオと日本人の対処法を緊急指南。

「赤い帝国・中国」は今、南シナ海の軍事拠点化を着々と進め太平洋進出を意識できるまでに強軍化をはかり、
GDP規模世界第二位の経済大国として人民元を国際通貨入りさせることに成功した。
文化覇権は一番難航しているが、それでも習近平政権の庇護を一番強く受けている
万達集団の映画文化産業買収戦略はハリウッドを乗っ取る勢いだ。
通貨の強さは軍事に裏付けられ、文化の強さは通貨に裏付けられる。
この三つの覇権は三巴のように相乗効果を持って中国の野望の推進力となっている。
日本人の中には、中国よりも米国に反感を持つ人たちも少なくないが、
私はこの「赤い帝国」のほうにより脅威を感じる。
なぜなら中国のいま行っている思想統制や言論弾圧、人権弾圧は世界でも屈指の激しさであり、
法治の下の平等などは存在しない。
中国の価値観とルールに従わねばならない日を想像するとぞっとしないか。私ならば、
この「赤い帝国」の野望を阻はばみたい。
だが、ここにきて赤い帝国にもいくつものアキレス腱、リスクが存在することが明らかになっている。
党内部の権力闘争、暗殺、クーデターの可能性、経済崩壊、大衆の不満......。
もっともこうしたリスクは中国にとってのリスクというだけでなく、
日本を含む国際社会にも大いなるリスクである。その野望は阻みたいが、
かといって彼らが滅ぶ日が来れば、間違いなく日本にも負の衝撃が襲いかかる。
では日本はいったいどうすればいい? 何ができる? そもそも、中国のいまの内政や外交、
軍事における思想や行動や戦略を日本人は理解しているか?
まずは、そこからだろう。本書を読んでいただければ、習近平政権が今、どのような戦略を持って、
何を目指しているか、実際に何をやっているか、どんなリスクを抱えているかが、
おおざっぱながらつかめると思う。
それを知れば、おのずと日本側が内包するアキレス腱、リスクも見えてくるだろう。
読者の忙しい時間を少し割いていただいても無駄にならなかったと思える内容を
詰め込んだと自負している。最後まで読んでいただきたい。(「まえがき」より)

福島香織関連作品

ワニの本関連作品

「世界史」カテゴリ