読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

図解 専門医が教える 脊柱管狭窄症を治す最新治療

図解 専門医が教える 脊柱管狭窄症を治す最新治療
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1320円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 160
販売開始日 2021/03/05
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「長い距離を歩けなくなったのは年をとったからだ」
「歩くと足がしびれるが休むとまた歩けるから大丈夫」
そう思っていませんか?
このような足の痛みやしびれを放っておくと、神経そのものがダメージを受け、症状は改善しにくいものになってしまいます。
大切なのは早期の診断と適切な治療です。
もちろん予防も大切。姿勢を意識し、腹筋・背筋の強化で腰の負担を軽減。完治を目指す最新の手術法も紹介しています。
【主な内容】
脊柱管狭窄症はどんな病気?
脊柱管狭窄症はこのように起こる
脊柱管狭窄症の検査(診断)法・治療法
終 章 腰椎椎間板ヘルニアはどんな病気?
【監修者プロフィール】
三浦 恭志(みうら やすし)
東京腰痛クリニック院長。日本整形外科学会専門。医学博士。あいちせぼね病院理事。名古屋大学医学部大学院卒業。日本整形外科学会脊椎脊髄医、日本整形外科学会脊椎内内視鏡下手術・技術認定医、日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本PED研究会世話人。

日東書院本社関連作品

「家庭の医学」カテゴリ