読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

遺伝子のスイッチ―何気ないその行動があなたの遺伝子の働きを変える

遺伝子のスイッチ―何気ないその行動があなたの遺伝子の働きを変える
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1980円(税込)
ポイント還元 19ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 218
販売開始日 2021/03/19
紙書籍版 取り扱い中

人生、能力、生き方、考え方は遺伝子で決まらない!
遺伝子を「オン/オフ」にするスイッチ
「エピジェネティクス」を解説

人生、能力、生き方、考え方といったものが遺伝子によって決まっている、あるいは遺伝子検査を受ければこれらがわかるなどと思われている。テレビ、新聞、雑誌、そしてステマの無法地帯となっているインターネットなどを通してそう宣伝されるからであるが、これは誤りである。遺伝子は環境とかかわることではじめて働くからである。遺伝子の役割は過大評価されている。
遺伝子の働きは、食事や運動などの生活習慣やどんな書物を読むか、どんな人とつき合うかなどによって劇的に変わるからである。
一卵性双生児を例に説明しよう。一卵性双生児は、英語で「まったく同じ双子」(identical twin)と表現されてきたものの、正確には「まったく同じ」ではない。「一卵性双生児」は、まったく同じ卵子から生まれ、同じ女性の子宮の中で同じ時期に育った双子である。ふたりは先天的な環境は同じであるが、後天的な環境は同じではない。だから、一卵性双生児で生まれたひとりは学校の教師をし、充実した日々を送るが、もうひとりは薬物依存に苦しむことだってありうる。
たとえ同じ遺伝子をもっていても、同じ結果になるとは限らない。それどころか、同じ結果にはならないことが多い。そして、最近の研究によって遺伝子の働きを変えるしくみ、すなわち、遺伝子を使う(オン)にしたり、遺伝子を使わない(オフ)にするスイッチが存在することが明らかになった。このスイッチを研究するのが「エピジェネティクス」という、今、爆発的に発展している学問分野であり、本書のテーマである。

生田哲関連作品

  • 子どもの脳は食べ物で変わる 1324円
    作家 生田哲
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/04/19

    親必読! 「鶏卵やダイズが子どもの知能を高める」「インフルエンザワクチンを打ち続けると免疫力が低下する」......。すべて科学的根拠あり。

  • 図解 女と男のからだ学 550円
    作家 生田哲
    出版社 東京書籍
    販売開始日 2015/07/24

    身体,脳,性器,ホルモン,遺伝子,恋愛,性交,受精・・・生物としての女と男を詳説! 知りたいことすべて...科学的に納得いくまで教えます。

  • 脳地図を書き換える 1320円
    作家 生田哲
    出版社 東洋経済新報社
    販売開始日 2012/11/29

    大人の脳は変わらないと信じられてきたが、それは大間違い。幼児、子どもの脳だけでなく、大人の脳も変化する。大人の脳を変化させるメカニズムとその方法を紹介する一冊。

東洋経済新報社関連作品

「科学」カテゴリ