読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

男が介護する 家族のケアの実態と支援の取り組み

男が介護する 家族のケアの実態と支援の取り組み
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 902円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2021/03/31
紙書籍版 取り扱い中

かつて女性中心で行われてきた家族の介護。今では男性(夫や息子など)が担い手の3分の1を占めるが、問題は少なくない。孤立し、追い詰められた男性介護者による虐待、心中などの事件は後を絶たない。他方で介護離職を余儀なくされる人もいる。本書は、悲喜こもごものケアの実態、介護する男性が集い、支え合う各地のコミュニティの活動を、豊富なエピソードを交えて紹介。仕事と介護が両立できる社会に向けた提言を行う。

中公新書関連作品

中央公論新社関連作品

  • 新着!
    「超」メモ革命 個人用クラウドで、仕事と生活を一変させる 968円
    作家 野口悠紀雄
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公新書ラクレ
    販売開始日 2021/05/07

    紙片に「メモ」をとったらその紙片がなくなって困ってしまった。こんな経験が、誰にもあるだろう。忘れないように書きとめたり、ちょっとしたことを思いついて書いたりする「メモ」。本書は、そんなふつうの「...

  • 世界警察 814円
    作家 沢村鐵
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/04/28

    21世紀末。全ての国家の軍隊は解体。国連は「世界連邦」として機能し、平等で民主的な理想社会が実現した......はずだった。一方でテロリストたちも過激化。警視庁の刑事・吉岡冬馬は日本を拠点とする...

  • 孤独のアンサンブル コロナ禍に「音楽の力」を信じる 2200円
    作家 村松秀
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2021/04/28

    「自分たちの仕事は果たして必要なのか?」外出自粛の中、オーケストラのトッププレーヤーたちの苦悩を追った半年間のドキュメント

  • 僕と彼女の左手 726円
    作家 辻堂ゆめ
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/04/28

    幼い頃遭遇した事故のトラウマで、医者になる夢が断たれた僕。そんな時に出会ったのは、左手だけでピアノを奏でるさやこだった。天真爛漫な彼女にいつしか僕は恋心を抱くようになるが、彼女の行動は振り返ると...

  • 少女架刑 吉村昭自選初期短篇集I 924円
    作家 吉村昭
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/04/28

    徹底した取材と綿密な調査に基づく重厚な歴史小説で知られる作家・吉村昭。その文学的出発点を示す自選短篇集(全二巻)。第I巻には表題作のほか、三島由紀夫が激賞した「死体」、初の芥川賞候補作「鉄橋」な...

  • 愛猿記 968円
    作家 子母澤寛
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/04/28

    誰にもなつかないと評判の猛猿が不思議と著者にはたちまちなついた。情にほだされ、二代目、三代目と飼いつづけた著者と猿(三ちゃん)との十数年の日々。彰義隊生き残りの武士の孫として生まれ、新選組はじめ...

「住まい・インテリア」カテゴリ