読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ロシアドイツ人――移動を強いられた苦難の歴史

ロシアドイツ人――移動を強いられた苦難の歴史
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 6160円(税込)
ポイント還元 61ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 544
販売開始日 2021/04/09
紙書籍版 取り扱い中

想像を絶する悲惨な体験を記憶し続けるために——

18世紀末、新天地を求めロシアに渡り農業で繁栄したドイツ人移民たちはその後、ロシアの体制変化の中で権利を剥奪されていく。
飢饉と疫病、強制移動、強制労働など、相次ぐ悲惨な出来事を生き抜き、やがて世界各国へ再移住していった人々の姿を、近代ロシア民衆史研究に身を捧げてきた歴史家が鮮やかに描き出す。

権力に翻弄されながら悲劇を生き抜いていった不屈の民の息遣いが、当時の文献や新聞記事、手紙、世界各国に散った子孫たちの証言によって浮かび上がる、歴史研究の精華。

他民族の社会への移住と受容・同化、戦争における民族問題、難民・飢餓にたいする国家の対策と国際支援、強制移住と強制労働、再移住先を探す国際的交渉、苦境からの脱出といった問題を潜り抜けてきた彼らの経験から、我々は現代への歴史的メッセージをどれだけ引用し得るのか、自らの知恵が厳しく試されている。——本文より



【目次】
総説 「移動を強いられた民」ロシアドイツ人
序説 ドイツからロシアへの移住(ヴォルガ地方、南ロシア)——一八世紀末—一九世紀初頭

第I部 ロシアの歴史のなかに生きる——帝政・世界大戦・革命・飢饉・圧政

第二章 帝政期ヴォルガ下流域におけるドイツ人入植地の社会経済生活
第三章 第一次世界大戦とロシアドイツ人——忠誠・従軍・捕虜・土地収用・強制移住
第四章 ロシア革命・内戦とロシアドイツ人——マフノ軍・赤軍と戦う
第五章 ヴォルガに鳴り響く弔鐘——一九二一—二二年飢饉とドイツ人移民
第六章 アンナ・ヤウクの生の軌跡——戦争・革命・飢餓・ドイツ移住
第七章 強制移住(一九四一年)と強制労働(労働軍)——体験者の証言

第II部 苦境からの脱出——国外移住

第八章 北アメリカへの移住——合衆国北西部の甜菜栽培
第九章 南アメリカへの移住——アルゼンチン移住当初のロシア的共同体秩序
第十章 スターリン体制を逃れて中国ハルビン、そして南北アメリカへ——アムール川、ウスリー川を越えて
[補説] 満洲の異文化社会に生きたリップハルト家一族
第十一章 祖国ドイツへの移住——帝政期、ソ連およびソ連邦崩壊以後

■ おわりに
■ あとがき
■ 初出一覧
■ 史料・参考文献
■ Danksagung
■ Inhaltsverzeichnis

亜紀書房関連作品

  • 急に仕事を失っても、1年間は困らない貯蓄術 1100円
    作家 佐藤治彦
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/04/24

    リストラ、大病、災害、パンデミック......危機は必ず、またやってくる! 貯蓄ゼロのあなたへ――ちょっとした工夫と考え方、公的資金の賢い使い方で、今度こそ達成! ■「保険を整理したい」あなた...

  • 性表現規制の文化史 1980円
    作家 白田秀彰
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/04/23

    「えっちなのはいけません!」という社会規範は、いかにして生まれたのか? 気鋭の法学者が、性表現規制の東西の歴史を読みとき、その背後にある政治的な力学を鮮やかに描きだす、必読文献! 東浩紀さん...

  • しゃにむに写真家 1760円
    作家 吉田亮人
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/04/16

    いしいしんじさん推薦! 「ろうそくの灯を手のひらに包むような読書。ことばにも、写真と同じように、吉田さんのなかの「人間の光」が、さやかに溢れだしている。」 「今の仕事をこのまま続けるつもり...

  • 死んだらどうなるのか?――死生観をめぐる6つの哲学 1980円
    作家 伊佐敷隆弘
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/04/16

    あなたはどの「死後」を望みますか? だれもが悩む問題「死後はどうなる?」を宗教・哲学、AIについての議論を横断しながら対話形式で探究する。 宗教と哲学の知見を駆使して古今東西の6つの死生観を検討...

  • 越えていく人——南米、日系の若者たちをたずねて 1980円
    作家 神里雄大
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/04/09

    日系移民の子孫たちの言葉から浮かび上がる、もう一つの日本近代史 移民たちはみな未知なる世界へと旅に出たが それは“同一性・帰属意識”を探求する旅でもあった だが彼らは帰る場所を探しているわけで...

  • 言葉が足りないとサルになる――現代ニッポンと言語力 1760円
    作家 岡田憲治
    出版社 亜紀書房
    販売開始日 2021/03/26

    すべてを「ウザい」の一言で済ませてしまう大学生。「いまのお気持ちは?」以外に聞くことができないマスメディア。問題が勃発するたびに口を閉ざす政治家......。日本社会の停滞は、言葉が圧倒的に足り...

「ヨーロッパ」カテゴリ