読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

遺恨の刃:番外紅白試合【電子書籍版】

遺恨の刃:番外紅白試合【電子書籍版】
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1001円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2021/04/16

「うめはあれ以来、自室に閉じこもったままだった。たまに廊下ですれ違っても、俯いたままで、しゃべることはない。食事も喉を通らないらしく、ふっくらした頬の肉は落ち、胸も肩も薄くなった。隼人にはうめのつらさが身に染みた。慰めの言葉もない。なんと残酷な。このままでは絶対に済まさぬ、と決意を固くした。」(本文より)

江戸時代末期。早世した兄に代わって家督を継ぎ、宮仕えの身となった粟宮藩の若き剣士・中村隼人。彼は上司であり、出世街道を駆け上がる能吏にして豪剣の遣い手・桑田甚兵衛から屈辱を受けながら、藩政の裏にうごめく怪しい影を感じていた。そんなある日、妹・うめの婚約者が斬殺死体で発見される——犯人は、一体だれなのか?
重厚な筆致で描く、ミステリー仕立ての時代小説!

【著者プロフィール】
秋草 圭介(あきくさ・けいすけ)
1949年 栃木県佐野市生まれ、宇都宮市在住。
元新聞記者。
武産(たけむす)合氣道会八段師範。
居合道無双直伝英信流三段。
Eメール:akikusakeisuke@snow.ucatv.ne.jp

秋草圭介関連作品

  • 遺恨の刃:義に奔る剣 1001円
    作家 秋草圭介
    出版社 22世紀アート
    レーベル 22世紀アート
    販売開始日 2021/04/16

    この物語は前作「遺恨の刃 番外紅白試合」の続編だが、時代背景は変わり、前作とはかなり趣の異なる作品になった。ただ、前作をご存じない方のために、ここに至る経緯を盛り込んだので、独立した作品としてお...

22世紀アート関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ