読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1760円(税込)
ポイント還元 17ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2021/04/13
紙書籍版 取り扱い中

【内容紹介】
「僕たちの会社にはノルマはありません。
これだけ売ろうという売上目標もありません。
営業方針はまさかの「売るな」です。
積極的に過剰在庫を目指しています。
定例会議はもともとありましたが、一切やめてしまいました。
......これほどに僕たちの会社は常識はずれです。
しかし、そんな常識はずれを続けていると、信じられないほど売上が伸びていきました」(本書より)

効率度外視の「売らない」経営が廃業寸前の老舗を人気店に変えた!

ノルマなし。売上目標なし。営業方針はまさかの「売るな」‐‐型破りの経営で店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成!
廃業の危機に瀕していた浅草かっぱ橋の老舗は、なぜ行列の絶えない人気店へと変身できたのか?
「マツコの知らない世界」「あさイチ」で話題の“料理道具の伝道師”が見出した、小売再生への「シンプルな常識」。

【著者紹介】
[著]飯田 結太(いいだ・ゆうた)
株式会社飯田代表取締役社長。
大正元年(1912年)に東京・かっぱ橋で創業の老舗料理道具専門店「飯田屋」6代目。料理道具をこよなく愛する料理道具の申し子。
TBS「マツコの知らない世界」やNHK「あさイチ」、日本テレビ「ヒルナンデス! 」など多数のメディアで道具を伝える料理道具の伝道師としても活躍。
自身が仕入れを行う道具は必ず前もって使ってみるという絶対的なポリシーを持ち、日々世界中の料理人を喜ばせるために活動している。
監修書に『人生が変わる料理道具』(枻出版社)。2018年、東京商工会議所「第16回 勇気ある経営大賞」優秀賞受賞。

【目次抜粋】
はじめに 僕の人生を変えたシンプルな常識
第1章 経営者失格、後継者落第
記憶に残る幕の内弁当はない/安売りで失った大切なもの/自社の強みを棚卸してみると....../「1個在庫・多品種展示」の理由/ブログを書き続けて起こった奇跡
第2章 いい会社ってなんだろう?
まさかの集団辞職で天国から地獄へ/間違っていた「いい会社」の4条件/正論は一方的なただの暴力/優秀とは「優しさに秀でている」と書く/営業方針はまさかの「売るな」/一人のお客様に160時間
第3章 過剰在庫バンザイ!
在庫“回転”率より在庫“仰天”率/たった一人のために仕入れる「/ヒントノート」は最強の仕入れツール/売れない商品は宝物/値切って当然の街で正札販売を貫く
◎実録 オリジナルフライパン「エバーグリル」開発秘話
第4章 非効率バンザイ!
スタッフすべてがバイヤー/権限委譲は最高の教育/POSシステムよりお客様の声/プロの販売員よりプロの消費者/接客マニュアルなんていらない/究極の切れ味「エバーピーラー」開発物語
第5章 実店舗バンザイ!
規模の大きさよりも笑顔の濃さ/モノ余りの時代だからモノが売れる/店内に増殖するPOPの奇跡/実店舗はアマゾンに駆逐されるという嘘/1億人のクチコミよりたった一人の専門家
第6章 やめることを決めると、やることが定まる
目指すは「うらずかな」の経営/会議をやめたら伝えたいことが伝わった/そもそも「小さい」ことは弱みではない/目の前の人と目の前のことを大切にする/真の商人道に徹し、奉仕の精神貫く
あとがき 当たり前は宝物

プレジデント社関連作品

「企業・業界よみもの」カテゴリ