読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

いまどき選手の力を引き出す 監督がここまで明かす! バレーボール指導の極意

いまどき選手の力を引き出す 監督がここまで明かす! バレーボール指導の極意
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1683円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2021/04/30
紙書籍版 取り扱い中

脱根性、脱スパルタ、脱勝利至上主義
『人を育て、結果を残す』
今、指導者へ求められるマル秘上達メソッド

練習メニューの一部はQRコードで確認

巻末特別対談
大山加奈(元日本代表)×池上正(「NPO法人I・K・O市原アカデミー」代表)
「目先の勝利より、選手を“認める”指導の実践を」


<収録チーム>
【高校】

「選手の邪魔をしない」
人から指示されるのではなく、
選手が自分たちで勝つことを求める
(星城・竹内裕幸総監督)

「自主性、自立、自律」
徹底した放任主義で、選手の考える力を養う
(慶應義塾・渡辺大地監督)

「負けの流れを作るミスを減らす」
シンプルな技術を伝え、
全ての不安を解消して選手を試合に送り出す
(益田清風・熊崎雅文監督)

【中学校】

「選手を完成させない指導」
みんなと一緒のことを頑張るのがベース。
「誰からも応援されるチーム」を
(ジェイテクトSTINGSジュニア・宗宮直人監督)

【小学校】

「小さくても戦える」
徹底した反復練習が正確なサーブと
粘り強いレシーブを生み出す
(上黒瀬JVC・小林直輝監督)

「“勝ち”から“価値”を見出す」
積極的に声を出して
コミュニケーション能力の高い子どもを育てる
(東風JVC・楢崎和也監督)

----------------------著者よりー-------------------------------------------
“ブラック部活”という言葉を耳にするようになって久しい。
嫌な言葉だな、と思う。
ときを同じくして、バレーボールの部活にまつわる暗いニュースを目にする機会が増えた。
これらのニュースを目にするたびに、腹の中に鉛を埋め込まれたような陰鬱した思いが駆け巡る。
スポーツって、そんな思いまでしてやるものだろうか。
もっと楽しくて、心が快活になって、人生を豊かにするもの――、そう思うのは青臭い綺麗事だろうか。
もちろん、ブラックなチームが全てでない。これまで20年近くバレーボールの取材をして、素晴らしい監督やチームに何度も出会ってきた。
人生において大切なことを学んだのも、一度や二度ではない。
そうした指導者あるいはチームを活字にして世に送り出すことが、一介のスポーツライターにできることではないか。それが本書を企画したきっかけだ。
------------------------------------------------------------------

カンゼン関連作品

「バレーボール」カテゴリ