読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「自由な国」日本から見た「不自由な国」韓国

「自由な国」日本から見た「不自由な国」韓国
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1650円(税込)
ポイント還元 16ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2021/05/14
紙書籍版 取り扱い中

【累計68万部突破!】
来日4年、日本で暮らせて幸せです。

書きたいことが書ける。反論の場がある。
オタク文化、軽自動車、整体、ビジネスホテル、コタツがある。
桜と富士山を同時に眺められる......。

・韓国では、「異なる主張」は学問の価値なし
・『鬼滅の刃』が日本でウルトラスーパーデラックスなヒットを記録した理由
・日本の「手指消毒剤」の成分で騒ぎが起きないことに感嘆
・日本のコロナ対策は「都市封鎖のZENアートだ」
・日本の「軽自動車」と韓国の「軽車(ギョンチャ)」
・韓国のオタク文化が成熟しないのは「愛が足りない」から
・日本の整体インフラは天国
・韓国人は「自分」より「韓国人らしさ」が優先される

【目次】
第一章日本での日常、ときどきラムザイヤー教授の論文
第二章日本の美しさと韓国の黒歴史
第三章最大にして最強の「日韓比較論」
第四章人を「地縛」する韓国、「キズナ」を尊ぶ日本

シンシアリー関連作品

扶桑社BOOKS関連作品

「社会問題」カテゴリ