読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

『源氏物語』男の世界

『源氏物語』男の世界
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 660円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 224
販売開始日 2021/06/11

光源氏亡き後の、ジュニアたちの愛の物語――薫・桐壺院・頭の中将・朱雀院......光源氏を囲む貴族たちを、鮮やかに説き語る名著。タイプも雰囲気も違う男たちが、現代の読者の身近に、息づかいさえ感じられる、『源氏物語』現代語訳の一つのヴァリエーション。光源氏と嫡男・夕霧の魅力を伝える好著『〈源氏物語〉の男たち』(講談社文庫既刊)につぐ、パート2。

田辺聖子関連作品

講談社文庫関連作品

「エッセイ・雑学」カテゴリ

  • うちのガイックさん 1430円
    作家 ヒロコ
    出版社 ブティック社
    販売開始日 2021/07/09

    人気インスタグラマー「ヒロコ」のコミックエッセイ。フランス人彼氏とのユニークなエピソードが楽しめる1冊!付録ステッカーは電子版には付属しません。

  • 歴史に学ぶ 660円
    作家 津本陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/07/09

    龍馬、隆盛...。時代を切り開いたリーダーたちの知力眼力を、歴史小説家・津本陽が独特の視点で縦横無尽に語りつくす、力作エッセイ。

  • たまげた録 660円
    作家 原田宗典
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/07/09

    模様替えであんぐり、和式トイレで冷や汗、変態映画館で泣きが入る。世の中驚くことばかり! 原田節が炸裂する抱腹絶倒エッセイ!!

  • あえるよ! 山と森の動物たち 1540円
    作家 今泉忠明
    出版社 朝日出版社
    販売開始日 2021/07/09

    クマもウサギもオコジョもライチョウも 日本の山でがんばって生きていた! 『ざんねんないきもの事典』の次に読みたい、 自然界のひみつ 日本の山で、がんばって生きている、身近な動物たち。 か...

  • 不要不急の男 711円
    作家 土屋賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/07/07

    シリーズ本が本屋大賞「超発掘本!」に選ばれ喜ぶも、コロナ禍到来。厳しく優しく面白いツチヤ教授の日常と名言はコロナ疲れに効く!

  • 真相解明「本能寺の変」 990円
    作家 菅野俊輔
    出版社 青春出版社
    販売開始日 2021/07/07

    戦国最大の事変「本能寺の変」。このほど、明智軍側からの貴重な証言が加賀藩の古文書『乙夜之書物(いつやのかきもの)』の中から見つかった。歴史界を騒然とさせているその記述には「光秀は本能寺には行かな...

  • ミッドライフ・クライシス 990円
    作家 鎌田實
    出版社 青春出版社
    販売開始日 2021/07/07

    その「心の不調」「身体の不調」には理由があった!40~60代の80%が襲われる“しんどい”の正体とは?仕事、人間関係、家族、健康、お金・・・この1冊で、人生中盤からが輝き出す!プロローグ ミッド...

  • アガワ流生きるピント 1599円
    作家 阿川佐和子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2021/07/07

    恋愛、夫婦関係、親子関係、仕事、新型コロナ...誰もが抱く日常の悩みに、60ン年の人生経験を積んだアガワがアドバイス!

  • メランコリック・サマー 801円
    作家 みうらじゅん
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/07/07

    ギスギスした心がフニャフニャになるムフフなエッセイ80本! 高2の夏休みに小豆島で出会った清楚な彼女から手紙が届く表題作ほか、VIO脱毛のVIOとは何か? を検索しないで考察する「それって何の...

  • 高校受験は「内申点アップ」が9割 1386円
    作家 桂野智也
    出版社 青春出版社
    販売開始日 2021/07/05

    高校受験に内申点は不可欠。日本で唯一「内申点アップ」に特化した塾の塾長が教える、親世代が知らない「内申点の実態と対策」とは!一番の内申点対策は「定期テストの点数を上げること」じゃない/授業中の挙...

  • 一日一考 日本の政治 1089円
    作家 原武史
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出新書
    販売開始日 2021/07/03

    一日一つ、全366人の文章を選び、その言葉が日本の政治にとってどんな意味を持つか、いまの体制とどう繋がっているかを考える。政治家や研究者のみならず、作家、市井の言葉まで。

  • 太れば世界が終わると思った 1650円
    作家 キム・アンジェラ 高原美絵子 西野明奈
    出版社 扶桑社
    レーベル 扶桑社BOOKS
    販売開始日 2021/07/02

    17年におよぶ摂食障害と向き合い自分の心を見つめ直した韓国人女性の記録