読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

父・福田恆存

父・福田恆存
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1500円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2021/06/08
紙書籍版 取り扱い中

戦後を代表する評論家・福田恆存、その最後の日々――

父・福田恆存と「友達」のように仲が良かった著者は、その影響で演劇の道に進む。
やがて病に倒れ老いゆく父と確執を抱え、悩み、父の名を穢すまいと引導を渡す......。
遺された手紙を紐解き、「鉢木會」での大岡昇平、中村光夫、吉田健一、三島由紀夫らとの交友、
家族への情愛、長く苦しい父子の葛藤を、懐古と悔恨を込めて描く追想記。
(解説・浜崎洋介)

※この電子書籍は2017年7月に文藝春秋より刊行された単行本を加筆修正した文庫版を底本としています。

福田逸関連作品

文春学藝ライブラリー関連作品

「エッセイ・雑学」カテゴリ