読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

雲を斬る

雲を斬る
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 715円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/02/11
紙書籍版 取り扱い中

父の仇を江戸の町に追う由比三四郎は、ある日、女郎屋に売られる娘おさとを助けた。しかし人買いの恨みを買い、首に五十両の賞金をかけられてしまう。次々と挑んでくる刺客、盟友の僧・快延、鳥舟で空を飛ぼうとする若者、妙に人なつっこい人買い―-。多彩な人間模様の中から、やがて仇討ち相手が見え隠れし始める。(講談社文庫)

池永陽関連作品

  • 珈琲屋の人々 (1~4巻) 550円759円
    作家 池永陽
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/01/13

    東京は下町の商店街にある『珈琲屋』。主人の行介はかつて、ある理由から人を殺していた......。心に傷を負った人間たちが、『珈琲屋』で語る様々なドラマを七編収録。情感溢れる筆致が冴える連作集。読...

  • 指を切る女 607円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    むき出しの情念が燃えるとき人は刹那に生きる。切なくてかなしくて、いとおしい女と男を鮮烈に描く傑作集。

  • 雲を斬る 869円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    仇討ち相手を探す三四郎は、女郎屋に売られる娘を助けたことから五十両の賞金を懸けられてしまう。

  • 緋色の空 765円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/17

    火事で左腕を怪我した清吉は、大工の夢を諦め香具師になる。対立する組との抗争、幼馴染みへの想い。

  • 風を断つ 935円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    浪人由比三四郎が身を寄せる寺に謎の職人が駆け込む。職人が手がける兵器をめぐり事件が発生。「通い婚浪人」三四郎シリーズ第二作。

  • 剣客瓦版つれづれ日誌 1045円
    作家 池永陽
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/14

    殺された妻の死の真相を暴くため、江戸の瓦版屋に身を寄せる弓削玄之助は原稿書きで用心棒。謎の刺客たちと戦い最後にに知る真実は。

講談社文庫関連作品

  • Killers 上下合本版 1782円
    作家 堂場瞬一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/05/22

    殺人者は、いつの時代にも存在する。2020年東京五輪に向けて再開発が進む渋谷区のアパートで、老人の他殺体が発見され、かつての名家の人間だったことが判明する。いったい、この男は何者なのか――。五十...

  • 対馬丸事件 沖縄の悲劇 550円
    作家 石野径一郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/04/01

    太平洋戦争末期、学童・教師・父兄・病人等1600余名を乗せて、沖縄を逃れ、本土へ向かった学童疎開船・対馬丸は、トカラ列島の一つ、悪石島沖で米潜水艦の魚雷を受けて沈没した。この事実は、長い間、軍の...

  • 推理日記(5) 1210円
    作家 佐野洋
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/03/29

    ミステリーは人生だ。実作者の目でみた鋭い分析と細部への徹底したこだわり......。辛口で鳴るミステリーの名匠が贈る、正統派ミステリー読本。松本清張から、赤川次郎、宮部みゆきまで多くの作家の作品...

  • エネミイ 628円
    作家 森村誠一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/01

    加害者を許せますか? 暴力団抗争の巻き添えにより娘を射殺された父親をはじめ、愛する家族を喪った犯罪被害者たちが、ある喫茶店に集まった。彼らは加害者に報復を誓う。次々に殺される加害者たち。事件の背...

  • 倒錯のロンド 649円
    作家 折原一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2019/01/01

    精魂こめて執筆し、受賞まちがいなしと自負した推理小説新人賞応募作が盗まれた!? ‐‐その"原作者"と"盗作者"の、緊迫の駆け引き。巧妙極まりない仕掛けとリフレインする謎が解き明かされたときの衝撃...

  • 推理日記(4) 605円
    作家 佐野洋
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/12/14

    推理小説を何倍も楽しんでもらうための「誌上講演・ミステリーのできるまで」と、その実験・応用編たる短編作品「佳人豹変」も同時収録した、新機軸・立体構成の、出色の推理批評シリーズ、第4巻。推理愛好家...

「歴史・戦記」カテゴリ