読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

白昼堂々

白昼堂々
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 770円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2015/02/11

筑豊の廃坑の村。離職者更生の手段として、自分の経験と技術を教えこんだ元スリの耳に、昔の仲間、いまは東京のデパート保安係が囁いた――もっと安全で割りのいい稼ぎがあるじゃないか。かくて結成された窃盗団。大胆巧妙な手口とチームワークを見せる面々とベテラン刑事との虚々実々の駆引き、そして意外な結末。雑草の逞しさで生きる万引き集団の活躍を温かく軽妙に描いた、会心の悪漢小説(ピカレスク・ロマン)。

結城昌治関連作品

  • 軍旗はためく下に 増補新版 1100円
    作家 結城昌治
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/07/22

    歴代直木賞受賞作中の白眉である(浅田次郎『コレクション戦争と文学11 軍隊と人間』解説より) 敵前逃亡・奔敵、従軍免脱、司令官逃避、敵前党与逃亡、上官殺害。陸軍刑法上、死刑と定められた罪により、...

  • 終着駅 1353円
    作家 結城昌治
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/01/10

    敗戦直後の焼け跡・東京で正体不明の男が変死。その位牌は引き受けた男たちに次々と無造作な死を招き寄せる。吉川英治文学賞授賞作。

  • 虫たちの墓 660円
    作家 結城昌治
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    米軍将校を処刑した村井をタテ糸とするこの長編小説は、、戦中・戦後の時代精神と風俗をあざやかに浮き彫りにする。国家とは何か。

  • 死もまた愉し 660円
    作家 結城昌治
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/29

    「余生だから、まず1年、目いっぱい新鮮に生きること」――数々の名作を生んだ著者が、死の直前に語った「人生最後の志」。

  • 死体置場は空の下 660円
    作家 結城昌治
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/29

    頼りない久里十八探偵事務所と、フリーの私立探偵・佐久。対照的な二人のコンビが活躍する、コメディ仕立ての連作推理小説。

  • 泥棒たちの昼休み 660円
    作家 結城昌治
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/11/29

    刑務所内の木工場、45分しかない昼休み。8人の泥棒たちが、思い思いに自分の過去を語りだす。結婚詐欺、金庫破り、ノミ行為......。

大衆文学館関連作品

  • 悲願千人斬(下) 715円
    作家 下村悦夫
    出版社 講談社
    掲載誌 大衆文学館
    販売開始日 2015/10/30

    夜な夜な、稲葉山城下に出没して、天誅の刃をふるう異形の武士二人。一人は般若の仮面を被り、もう一人は天狗の仮面。土岐氏再興の柱と頼む太郎頼秀を毒殺され、復讐の鬼と化した白雲上人と土佐青九郎は、千人...

  • 丹下左膳 乾雲坤竜の巻(上) 770円
    作家 林不忘
    出版社 講談社
    掲載誌 大衆文学館
    販売開始日 2015/04/03

    名刀乾雲丸と坤竜丸。離れれば互いに求めあい、持つ者を殺人鬼と化す宿命の妖刀だ。その一つが小野塚道場の俊才・諏訪栄三郎の手に、一つが二刀獲得に異様な執念を燃やす片眼片腕の怪剣士・丹下左膳に渡ったと...

  • 丹下左膳 乾雲坤竜の巻(下) 770円
    作家 林不忘
    出版社 講談社
    掲載誌 大衆文学館
    販売開始日 2015/04/03

    異形異端の怪剣士・丹下左膳は、今宵も血刀を振るって大江戸の闇に哄笑する! 二刀はふたたび仇敵同士の手に引き裂かれたのだ。左膳に与するは奥州中村六万石、栄三郎に力を貸すのは剣侠・蒲生泰軒。血腥い魔...

  • わが恋せし淀君 605円
    作家 南條範夫
    出版社 講談社
    掲載誌 大衆文学館
    販売開始日 2015/02/11

    淀君こそ史上最高の美女。雑誌編集者の誠之助が大坂城趾で艶麗な姿態を夢想したとたん、石垣は崩れ、彼は慶長19年の城内にタイムスリップした! 洋服姿から切支丹と疑われるが、歴史知識を活用、神の予言者...

  • 南国太平記(下) 1155円
    作家 直木三十五
    出版社 講談社
    掲載誌 大衆文学館
    販売開始日 2015/02/11

    薩摩藩相続をめぐって、お由羅一派の意をうけた牧仲太郎の呪詛は、家督を継いだ斉彬のうえに及ぶが、その阻止を謀る仙波小太郎の追及も急である。一方、藩内上士と下士の対立はいよいよ熾烈化し、風雲児益満休...

  • 赤い殺意/罪な女 715円
    作家 藤原審爾
    出版社 講談社
    掲載誌 大衆文学館
    販売開始日 2015/02/11

    夫と子供の不在の一夜、強盗に踏みこまれた、一人の平凡な主婦と強盗との接点を、誰にでも日常的に起こり得る恐怖と描く心理サスペンス「赤い殺意」。貧しく不幸に生まれ、ただ一筋に男に尽くすしかない可愛い...

「ミステリー・サスペンス」カテゴリ