読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

文春e-bookの作品一覧

36件中1-24件 (1/2ページ)
  • 浄土双六 1599円
    作家 奥山景布子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/11/20

    転がる運命に翻弄される坊主、女房、将軍たち―― 花の御所、銀閣寺をうんだ室町時代の滅びの始まりを描く。 籤引きで将軍になった男、 銭で乱世を動かす女、 育てた子に抱かれる乳母。 現世に惑い浄土...

  • 江戸染まぬ 1400円
    作家 青山文平
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/11/05

    江戸に生きる人々が織りなす鮮やかな人生。 “青山流時代小説”の真骨頂! 旗本の次男坊で部屋住みの俺は、武家であらねばならぬ、などとは思っていない。堅物の兄が下女に好意を寄せているのを見て取って...

  • 乱都 1701円
    作家 天野純希
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/23

    戦乱の京に覇を唱えんとした男たちを描く連作集。 都には人を滅びに導く魔物が棲んでいる。応仁の乱から室町幕府崩壊まで、天下人にならんと戦いと裏切りに明け暮れた畠山義就、細川政元、足利義輝ら七人の男...

  • 孔丘 2001円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/08

    人間・孔子が生きている! 「論語」に描かれる神格化された姿ではなく、不運や失意にも苛まれた男の波瀾万丈を書いた大河小説。構想三十年にして最高傑作誕生!

  • 駆け入りの寺 1901円
    作家 澤田瞳子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/04/27

    誰にだって、逃げ出したい時がある―― 悩みを抱える人々が、駆込寺の門を叩く。 落飾した皇女が住持を務める比丘尼御所。 そのひとつである林丘寺では、前住持であり後水尾帝の皇女・元瑶と、 現住持...

  • 江戸の夢びらき 2001円
    作家 松井今朝子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/04/24

    なぜ江戸の民衆は團十郎に熱狂したのか。 不世出の天才・初代市川團十郎、空前の一代記! 寛文7年(1667)、浪人の娘・恵以はひとりの少年と出会う。 子どもながらに柄の悪い侠客たちに囲まれ、芝居...

  • 贖罪 ナチス副総統ルドルフ・ヘスの戦争 3001円
    作家 吉田喜重
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/04/13

    構想20年、同じ時代に行きあわせた証しとして書き上げた、吉田喜重監督(『エロス+虐殺』『鏡の女たち』)渾身の長編小説! ドイツの闇の歴史に切り込む――。 ナチス副総統、ルドルフ・ヘス。「わたし...

  • 燃えよ剣 1400円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/04/06

    司馬遼太郎による国民的ベストセラー、映像化に合わせて待望の新装版刊行。 俺は今日から武士になる――。 佐幕派と倒幕派が対立する幕末の激動期。 武州多摩のバラガキだった土方歳三は、近藤勇、沖田...

  • わかれ縁 1500円
    作家 西條奈加
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/21

    いつの時代も家族円満は難しい!?<br>人情時代小説の名手が描く江戸の離婚模様<br><br>夫婦となって5年、定職にもつかずに浮気と借金を繰り返す亭主に絶望した絵乃は、身ひとつで家を飛び出し、...

  • 海の十字架 1400円
    作家 安部龍太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/02/17

    「銀」と「鉄砲」と「キリスト教」が、戦国武将たちの運命を変えた。 大航海時代とリンクしたまったく新しい戦国史観で綴る短編集。 作家生活30周年を迎え、歴史の新しい読み解き方を提示し続ける著者が...

  • 平蔵 1801円
    作家 逢坂剛
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/24

    殿のご母堂は、ご存命なのでございますか? 悪い奴は誰も、その男の顔を知らない――。 「鬼平」へのオマージュをこめて描く逢坂版〈火付盗賊改・長谷川平蔵〉シリーズ。 長谷川平蔵は父・宣雄の庶子であ...

  • 大名倒産 (1~2巻) 1599円
    作家 浅田次郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/12/06

    借金の積もり積もること二百年、御家を救う唯一の手立ては計画倒産!? 読めば福がやってくる! 笑いと涙の経済エンターテインメント。 「文藝春秋」連載中から「面白い!」の声続々! 〇江戸時代に...

  • わが殿 (1~2巻) 1300円
    作家 畠中恵
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/27

    合戦が始まる。敵の名は、借金 幕末期、赤字に喘ぐ大野藩。内山七郎右衛門は藩主の土井利忠と共に藩政改革を断行し、財政を立て直そうとする。新感覚歴史経済小説!

  • 潮待ちの宿 1599円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/15

    海に臨む宿で少女が待つものとは―― 歴史小説の名手が初めて挑む人情噺。 口減らしのため備中の港町・笠岡の「真なべ屋」に連れてこられた志鶴。 潮待ち宿のそこでは、商人や仲買人たち、時には怪しい旅...

  • 本意に非ず 1500円
    作家 上田秀人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/11

    光秀はなぜ信長を討ったのか――。 文庫書き下ろしの人気作家による本格歴史小説集! 明智光秀――一番愚かなのは余よな。気づかぬうちに愚挙の旗印にされていた。 松永久秀――極悪の者という評判は三好...

  • 朝顔同心 1500円
    作家 梶よう子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/09/27

    花に殉じる覚悟を持った男が踏み外した道とは―― 松本清張賞受賞作『一朝の夢』、続編『夢の花、咲く』に続く“朝顔同心”シリーズ第3弾。 変化朝顔の栽培が生きがいの同心・中根興三郎は、菊作りで糊口...

  • 熱源 1629円
    作家 川越宗一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/08/28

    降りかかる理不尽は「文明」を名乗っていた。 樺太アイヌの闘いと冒険を描く前代未聞の傑作! 樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。 開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、...

  • 飛雲のごとく 1324円
    作家 あさのあつこ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/08/23

    「おれたちの命は意味もなく散っていいほど軽くはない」 身分や立場の差を超えて時代を変えようとする少年剣士の友情と成長を描く青春時代小説! 十六歳になり元服の儀を済ませ、名実ともに当主となった新...

  • 昭和天皇の声 1427円
    作家 中路啓太
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/08/08

    令和時代に敢えて描く昭和天皇とその時代! この国にとって天皇とはいかなる存在なのか? 二・ニ六事件の青年将校たちは、天皇のために行動しているとの信念のもと、鈴木貫太郎らを襲撃した。 ある憲兵は...

  • 戦場に散った野球人たち 1629円
    作家 早坂隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/07/19

    東京ドームの脇に「鎮魂の碑」という名の石碑が建っていることをご存知だろうか。 昭和五十六年(一九八一年)、後楽園球場の時代に造られ、東京ドームの完成に伴って今の場所に移築されたこの碑は、先の大戦...

  • 将軍の子 1324円
    作家 佐藤巖太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/07/18

    孤独と不遇を力に変えた初代会津藩主・保科正之。 稀代の名君と呼ばれた「将軍の子」の人間性に迫る! 二代将軍、徳川秀忠の庶子であった保科正之。 生後すぐに養子に出され、長く自らの出自を明かすこと...

  • 渦 妹背山婦女庭訓 魂結び 1629円
    作家 大島真寿美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/03/11

    第161回直木賞受賞作 筆の先から墨がしたたる。やがて、わしが文字になって溶けていく‐‐ 虚実の渦を作り出した、もう一人の近松がいた。 江戸時代、芝居小屋が立ち並ぶ大坂・道頓堀。 大阪の儒学...

  • 奇説無惨絵条々 1427円
    作家 谷津矢車
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/27

    京極夏彦氏喜ぶ! 「戯作、斯くあるべし」 河竹黙阿弥に捧げる珠玉の戯作五篇、注目の歴史作家初の短編集。 狂言作者。河竹黙阿弥のために台本のネタを探す歌舞伎新報社の編集人・幾次郎(後の落合芳幾)...

  • 炯眼に候 1528円
    作家 木下昌輝
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/02/14

    異次元の「眼」を持つ男。 その名は、織田信長。 村木砦、桶狭間、長篠...... 信長の勝利の裏側には常に、恐ろしいまでの合理的思考があった。 鉄砲をどう運用すべきか。 毛利水軍に勝てる船と...

セーフサーチの状態