読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

朝日文庫の作品一覧

25件中1-24件 (1/2ページ)
  • 風のかたみ 780円
    作家 葉室麟
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2020/10/07

    上意討ちにあった、豊後安見藩一門衆筆頭の佐野了禅。女医師・伊都子は、ある密命を帯び、佐野家の女人たちが暮らす白鷺屋敷に送り込まれるが、そこでは不審な死を遂げる者が相次ぎ......。女の執念に切...

  • お隠れ将軍 (1~2巻) 693円748円
    作家 吉田雄亮
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2020/01/31

    八歳で死去したとされる第七代将軍徳川家継。しかし、第八代将軍吉宗は家継暗殺のたくらみを知り、ひそかに城外へと逃していた! 継次郎と名を変えた家継は、葵の御紋が刻まれた刀を手に、吉宗の治世を脅かす...

  • たすけ鍼 (1~2巻) 440円770円
    作家 山本一力
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2020/01/31

    市井の人々を癒し、人助けや世直しに奔走する鍼灸師・染谷の日々を描く。胸のすくような長篇時代小説。

  • 天文方・伊能忠敬 (1~2巻) 660円682円
    作家 小杉健治
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2019/02/28

    幼い頃から謎解きを得意とする三治郎(後の伊能忠敬)は、酒造家の伊能家に婿養子に入った。着実に家業を伸ばし続ける一方で、伊能家に伝わる測量術を元に、全国の測量に旅立った。しかし、その最中、さまざま...

  • 憂き世店 松前藩士物語 627円
    作家 宇江佐真理
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/11/09

    鎖国体制がゆらぎはじめた江戸末期。浪人となった相田総八郎とその妻なみは、江戸・神田三河町の裏店に移り住む。個性豊かな長屋の住人たちや共に帰封を願う元松前藩士たちとの、貧しくも温かい暮らしを、丹念...

  • ダンシング・ウィズ・トムキャット (1~3巻) 638円880円
    作家 夏見正隆 漆沢貴之
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/10/05

    海上自衛隊は、アメリカから払い下げてもらった空母〈キティホーク〉を改装し、ついでにノースロップ・グラマン社の倉庫に眠っていたF14も買い取って運用していた。そのF14‐‐トムキャットで洋上訓練を...

  • 西郷と大久保と久光 726円
    作家 海音寺潮五郎
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/08/03

    大河ドラマ「西郷どん」をより楽しみ、西郷隆盛を知るには必携の書が待望の復刊。明治維新の原動力となった島津藩で、内外に信望の厚かった西郷隆盛、西郷を疎んじる島津久光、竹馬の友からのちに袂をわかつ大...

  • 耶律徳光と述律 (1~2巻) 814円836円
    作家 仁木英之
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/15

    契丹国の皇帝・耶律阿保機は、渤海攻略中に命を落とす。後継者には、彼の妻・述律の後押しで、凡庸だと思われていた徳光が選ばれた。彼は凄まじい勢いで契丹をまとめ、晋に侵攻する。やがて、晋を滅ぼし、「大...

  • 李嗣源 (1~2巻) 847円869円
    作家 仁木英之
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/15

    中国の唐代末期。遊牧民の有力者を父親に持つボギレは、その能力を河東の王・李克用に見いだされ、その仮子となる。やがて、李克用の息子・李存勗が皇帝になるが、彼の政治を顧みない態度に、李嗣源の不満は高...

  • 朱温 (1~2巻) 935円968円
    作家 仁木英之
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/06/15

    朱温は奴僕の身ながら、謎の男・李我に武術と兵法を学び始める。彼は唐王朝への反乱軍・黄巣の乱に参加して頭角をあらわし、やがて後梁を建国して皇帝の座を手に入れるのだが......。朱全忠の一生を描き...

  • 斬! 江戸の用心棒 638円
    作家 佐々木裕一
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/01/26

    月島真十郎が剣術修行から江戸に戻ると、藩邸は竹矢来で閉ざされていた。老中の父が急死し、領地は召し取られていたのだ。帰る場所を失った真十郎は用心棒稼業を始めるが、お家騒動を巡る黒い噂を耳にして.....

  • うめ婆行状記 638円
    作家 宇江佐真理
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2017/10/27

    北町奉行所同心の夫を亡くした商家出のうめは、独り暮らしを楽しもうとしていた矢先、甥っ子の隠し子騒動に巻き込まれ、ひと肌脱ぐことを決意するが......。笑って泣いて‐‐人生の哀歓、夫婦の情愛、家...

  • 御用船捕物帖 (1~4巻) 627円638円
    作家 小杉健治
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2017/10/27

    大番屋への護送中に逃亡した、盗賊の鎌太郎。やり手同心の続木音之進と江戸の川を知り尽くす船頭・多吉のコンビが、鎌太郎をはじめ、跳梁跋扈する悪を討つ。川を舞台に繰り広げられる、著者待望の書下ろし新シ...

  • 海賊同心、参る! 726円
    作家 福原俊彦
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/12/14

    紀州海賊の末裔である坂船静馬は、大坂・仙台と江戸をつなぐ品川沖を管理する船手組に配された。しかし徳川吉宗の考案で行われた水泳訓練中、旗本が不審な死を遂げ、その責任を問われる。汚名をそそぐため、坂...

  • 天海の秘宝 (1~2巻) 792円
    作家 夢枕獏
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/11/30

    ときは安永――。江戸では「宮本武蔵」と名乗る辻斬りが出現し、凶悪な強盗団「不知火」が跳梁跋扈していた。からくり師・堀河吉右衛門は親友の剣豪・病葉十三と怪事件の真相究明に立ち上がるが......。...

  • 宿神 (1~4巻) 792円847円
    作家 夢枕獏
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/11/30

    のちの西行こと佐藤義清と平清盛。若き日の二人は北面の武士として友情をはぐくむが、ある夜、謎の存在に窮地を救われた時からその運命が大きく狂い始める。そして、義清は、鳥羽上皇の中宮、待賢門院璋子に心...

  • 風花帖 638円
    作家 葉室麟
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/11/11

    勘定方の青年・印南新六は、生涯をかけて守ると誓った女性・吉乃のため、刺客として藩の騒動に巻き込まれてゆく‐‐。互いに想いを交わしながらも別々の道を選ぶことしかできなかった男女の運命を描く、傑作長...

  • ことり屋おけい探鳥双紙 770円
    作家 梶よう子
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/11/11

    姿を消した夫の帰りを待ちながら鳥を商うおけい。美しい娘が鳥に興味がないのに紅雀、相思鳥と次々と買い求める理由とは?店に持ち込まれる様々な事件を解決しながら、しなやかにたくましく生きるおけいと市井...

  • 八丁堀育ち (1~4巻) 605円
    作家 風野真知雄
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/05/20

    橋の上で毎日誰かを待つ女。毎晩、酔ったふりをする男。地蔵に塗られた白粉。北町奉行の同心を義父に持つ夏之助は、幼なじみで与力の父を持つ早苗とそれらの謎を探り始めるが、いつしか町内で起きた斬殺事件の...

  • 寺社役同心事件帖 (1~2巻) 682円
    作家 千野隆司
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/08/19

    寺社奉行の藩主とともに、江戸に出てきた田舎藩士の雲野八十助。さっそく受け持ち区域の寺社をまわる途中、ある寺の庭で血糊の付いた包丁を見つける。駆け出し寺社役同心と切れ者宮司、異色の二人が、神仏を利...

  • この君なくば 638円
    作家 葉室麟
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/01/29

    伍代藩士の楠瀬譲と栞は互いに引かれ合う仲だが、譲は藩主の密命を帯びて京の政情を探ることとなる。やがて栞の前には譲に思いを寄せる気丈な女性・五十鈴が現れて......。激動の幕末維新を背景に、懸命...

  • 五二屋傳蔵 847円
    作家 山本一力
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/01/15

    「五」足す「二」で「しち」。「五二屋」とは質屋のこと。黒船来航に揺れる幕末の江戸深川‐‐。質屋「伊勢屋」にはさまざまな人々が訪れる。主の傳蔵と、その蔵を狙う盗賊との攻防をめぐる、謎と興奮と人情に...

  • 書物奉行、江戸を奔る! (1~3巻) 726円748円
    作家 福原俊彦
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2016/07/15

    若き旗本の篠山辰之丞は、徳川幕府が所蔵している、膨大な書物の管理や補修をする書物奉行。しかしそれは表向きの役目。辰之丞は書物で得た知識と剣の腕を買われて、田沼意次の密偵として、意次を追い落とさん...

  • 早刷り岩次郎 550円
    作家 山本一力
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2013/02/15

    硬骨漢・釜田屋岩次郎は、知恵と度胸で瓦版作りに命を懸ける!!江戸時代の職人気質を存分に描く痛快長篇時代小説。

セーフサーチの状態