読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

47件中1-24件 (1/2ページ)
  • 大江戸妖怪かわら版7 大江戸散歩 528円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/09/08

    天下泰平の大江戸市中で、健気に生きる少年・雀の日常をつづった「風流大江戸雀」。人狼の魔人・百雷の同心としての活躍を描く「八丁堀同心百雷、定町廻りす」などをはじめとする、六編の短編オムニバス。読者...

  • 地獄堂霊界通信(8) 726円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/05/12

    天界から逃げ出した謎の生命体「幸福」を追い、術師・蒼龍(そうりゅう)とともに、妖精界へと旅立った三人悪。そこで彼らは満ち足りた幻に支配されてしまう!リョーチンは悩む――「幸福」とは一体何なのか....

  • 地獄堂霊界通信(5) 726円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/12/16

    地獄堂の四畳間で、てつしが偶然手に取った「見てはいけない本」。怖ろしい妖怪の姿が描かれたその画集は、どうやら伝説の大魔道士ゴールデン・アイズの持ち物らしい。なぜ、こんな画集をあの「おやじ」が持っ...

  • 地獄堂霊界通信(6) 704円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/12/16

    三人悪のひとり、椎名は母方の実家の別邸で催される春のお茶会に参加。庭からの眺めに飽き足らず、こっそり宴を抜け出し伯父とロープウェイで桜の山へ入った。山間で美しい女に声をかける伯父。聞けば女は、桜...

  • 大江戸妖怪かわら版6 魔狼、月に吠える 528円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/10/14

    大欧州からの渡来船を一目見に、物見高い江戸っ子はこぞって港に集まった。記者・雀は人ごみの中で可憐な少年に出会う。初花が強面の同心の妹とも知らず――。二人が食に芝居見物と、天下泰平な大江戸を楽しん...

  • 地獄堂霊界通信(4) 638円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/08

    工事現場で見つかった宝石のような石。時同じく、イラズ神社の神官は保管する二つの美しい石によく似た黒石を拾う。夢枕に現れた悲しげな女に助けを乞われた神官は、不思議な霊能力をもったワルガキ"三人悪"...

  • 図書館の魔女 第四巻 1100円
    作家 高田大介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/10

    手を汚さずして海峡に覇権を及ぼす、ニザマの宦官宰相ミツクビの策謀に対し、マツリカは三国和睦会議の実現に動く。列座したのは、宦官宰相の専横に甘んじてきたニザマ帝、アルデシュ、一ノ谷の代表団。和議は...

  • 図書館の魔女 第三巻 770円
    作家 高田大介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/10

    深刻な麦の不作に苦しむアルデシュは、背後に接するニザマに嗾けられ、今まさに一ノ谷に戦端を開こうとしていた。高い塔のマツリカは、アルデシュの穀倉を回復する奇策を見出し、戦争を回避せんとする。しかし...

  • 図書館の魔女 第一巻 748円
    作家 高田大介
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/05/13

    鍛冶の里に生まれ育った少年キリヒトは、王宮の命により、史上最古の図書館に暮らす「高い塔の魔女(ソルシエール)」マツリカに仕えることになる。古今の書物を繙き、数多の言語を操って策を巡らせるがゆえ、...

  • 白い月黄色い月 550円
    作家 石井睦美
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    朝も晩も月の光に包まれたハピネス島。いつの間にかぼくが迷い込んだここは、カエルみたいなホテルオーナーや、しゃべる百科事典のビブリオという変わった人ばかりが暮らす不思議な世界だ。ある日、なくした記...

  • NO.6 beyond〔ナンバーシックス・ビヨンド〕 572円
    作家 あさのあつこ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/12/11

    西ブロックに稀な、春の日のような穏やかな一日。NO.6崩壊後にNO.6に留まった紫苑。風のようにさすらうネズミ。そして、紫苑の父の秘密―。惜しまれつつ完結した物語に、さらなる命を与え、それぞれの...

  • 嶽神(下) 湖底の黄金 817円
    作家 長谷川卓
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/12/11

    仲間を信じ、知恵をしぼって辛くも生き延びている多十一行に、服部半蔵から最強の刺客たちが放たれる。妖術をあやつり、もはや復讐の鬼と化した殺人集団に対して、勝機はあるのか? 御遺金のありかは? 男た...

  • 地獄堂霊界通信(3) 748円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/12/11

    三人悪の同級生・カンナの家に棲みついたイタチは霊力を持っていた!? てつしと椎名、リョーチンは「イラズの森」に住まう妖かしの正体を明かしに呪われた地へ。さらに上院小学校には西洋の魔女の血をひき、...

  • 天山の巫女ソニン(1) 黄金の燕 704円
    作家 菅野雪虫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    長年の修行のかいなく、才能を見限られ天山から里へ帰された、落ちこぼれの巫女ソニン。ある日ソニンは、沙維(サイ)の王子イウォルが落とした守り袋を拾う。口のきけないイウォルに袋を手渡した瞬間、ソニン...

  • 天山の巫女ソニン(3) 朱烏の星 803円
    作家 菅野雪虫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    国境付近で捕らわれた"森の民"を救うため、北国"巨山"に向かったイウォル王子と侍女ソニン。天文学が発展した国の、城の中央広間には精密な「天象之図」が置かれていた。だが、その星図には重要な何かが欠...

  • 百年の記憶 哀しみを刻む石 759円
    作家 三木笙子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    神隠し伝説が残る田舎町の高校に転校してきた久守徹は、天狗と呼ばれ人に遠巻きにされる孤高の少年・野見大地に誘われ廃部寸前の地学部に入部する。風のようにあらわれ石と戯れる大地に徹は惹かれるが、大地に...

  • 地獄堂霊界通信(2) 671円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/10/09

    地獄堂のおやじから、それぞれの呪札と呪文を授かったてつし、椎名、リョーチン。三人はてつしの兄・竜也のクラスに転校してきた可憐な少女・由宇と出会う。養親と暮らす記憶喪失の彼女は、蒼龍と名乗る黒衣の...

  • 新装版 風の武士(下) 704円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/09/18

    公儀隠密を命じられた信吾は江戸から東海道を経て熊野の秘境へ向かう。安羅井国の財宝を独り占めしようとする紀州藩の隠密、幕府のお庭番が入り乱れるなか、信吾はついに安羅井国への道程(みちのり)を描いた...

  • 新装版 妖怪(下) 803円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/09/18

    足利家の当主のみが持つことを許されるという鬼切りの太刀。しかし、太刀は今参りの局の里屋敷にあった。日野富子は太刀を奪おうとするが、屋敷神・唐天子の幻戯により苦汁を味わう。が、新たに管領細川勝元の...

  • 新装版 風の武士(上) 726円
    作家 司馬遼太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/09/18

    伊賀忍者の末裔で貧乏御家人の次男坊・柘植(つげ)信吾は、小さな町道場・無一流指南練心館で代稽古を務めていた。ある日、道場に赴くと、用人格の老人が刺殺されていた。多くを語らない道場主と娘のちの。し...

  • となりの姉妹 550円
    作家 長野まゆみ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/08/28

    近所の小母さんが遺した、謎めいた「暗号」。隣家に住む姉妹とともに解読をこころみる佐保(さほ)は、土地に根づく習俗がからみあう、不思議な世界に迷いこむ。幾重にも交わる家や人の縁、わけしり顔の兄、そ...

  • 箪笥のなか 565円
    作家 長野まゆみ
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/08/28

    親戚の家からゆずりうけてきた、古い紅い箪笥。年ふりたそのひきだしからは、時に不思議なものたちがあらわれる。そして箪笥によばれるように、この界(よ)ならぬ人びとがわたしを訪ねてやってくる――。現実...

  • 大江戸妖怪かわら版5 雀、大浪花に行く 506円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/08/21

    かわら版屋の記者・雀、今度の取材は西の魔都・大浪花。初めての長旅に心躍らせる雀と桜丸は、鬼火の旦那の手引きで、大浪花ただ一人の人間・修繕屋と会うことに。彼は雀をもとの世界に帰す力すらもつという。...

  • 大江戸妖怪かわら版3 封印の娘 493円
    作家 香月日輪
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/08/14

    魔都大江戸で年を越したかわら版屋の少年記者・雀。新春早々、仕事仲間の桜丸やポーと連れ立って歌舞伎見物へ出かける。日吉座の花形役者・蘭秋(らんしゅう)の艶やかな魅力とともに、物語に惹かれた雀は、脚...

セーフサーチの状態