読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文庫」に掲載された作品一覧

347件中1-24件 (1/15ページ)
  • 因果 百万石の留守居役(九) 726円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/14

    加賀藩領内に入り、お国入りの一行がほっとしたのもつかの間、高岡の名刹瑞龍寺境内で、襲撃者が藩主綱紀を狙う。道中交渉役をはたしてきた数馬が、応戦するのだが......。そして数馬を待つ琴のいる金沢...

  • 隠密 味見方同心(八) ふふふの麩 671円
    作家 風野真知雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/07/14

    江戸の味を知り尽くした、あの人気料理人も驚愕の面白さ。「料理は無限である。読む程に空想の味を再現したくなった」―つきぢ田村三代 田村隆。僧侶となって正体を隠す伝説の大悪党・河内山宗俊に強引に連れ...

  • 忍者烈伝ノ乱 天之巻 858円
    作家 稲葉博一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/05/12

    西国・北畠家の婿となった織田信長の次男・信雄は、「三瀬の変」で北畠一族を暗殺して伊勢を手中にした。次なる目標は隣国の伊賀。しかし、危機を察した伊賀衆の知略によって、目論見は頓挫する。血気盛んな彼...

  • 忍者烈伝ノ乱 地之巻 858円
    作家 稲葉博一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/05/12

    因縁深い幻術師・果心居士との邂逅で、伝説の伊賀忍者・上野ノ左は露と消えた。残された下忍・笹児と四貫目は、主の命により郷土の防戦に勤しむ。一方、織田信雄は伊賀での敗退で父・信長を激怒させたが、やが...

  • 参勤 百万石の留守居役(八) 726円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/13

    大人気上田秀人の代表シリーズ、時代小説文庫書下ろし「百万石の留守居役」、待望の第八弾! 若すぎる留守居役瀬能数馬は、藩主綱紀お国入りの交渉役として、参勤交代の準備に奔走する。金沢に残した数馬の婚...

  • 四千万歩の男 忠敬の生き方 495円
    作家 井上ひさし
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/01

    素晴らしきかな、忠敬的セカンドライフ。50歳で隠居するまでの忠敬は下総の名家の旦那。隠居と同時に本格的に星学暦学の勉強をはじめ、56歳から72歳までの17年間で35000キロ、約4000万歩を歩...

  • 四千万歩の男(五) 880円
    作家 井上ひさし
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/01

    青年二宮金次郎と"百姓論語"を闘わせ鰹節騒動では危うく情事の罠に。とかく学問より俗事に心奪われる伊能隊、再三の"測量中止"の危機を脱し、有望な孤児や人気女形をお伴に江戸へ。忠敬が"人生二山"を生...

  • 四千万歩の男(一) 880円
    作家 井上ひさし
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/01

    忠敬は下総佐原村の婿養子先、伊能家の財をふやし50歳で隠居。念願の天文学を学び、1800年56歳から16年、糞もよけない"二歩で一間"の歩みで日本を歩き尽し、実測の日本地図を完成させた。この間の...

  • 四千万歩の男(三) 880円
    作家 井上ひさし
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/01

    お上の刺客をなんとかかわし、一行は8月霜柱立つニシベツで折り返した。喘息の発作に見舞われながら、息子の一途な恋に心を砕き、はたまた弟子の片思いから母娘の仇討ち事件に首を突っ込み、"臆病剣"達人の...

  • 貧乏同心御用帳 715円
    作家 柴田錬三郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2017/01/01

    剣は強いが情けに弱い。江戸町奉行所の町方同心・大和川喜八郎は32歳、独身なのに6歳から14歳までの孤児を9人同居させているかわりもの。黒羽二重の着流しに博多の帯を小粋に締めて、今日も悪を追って町...

  • 忍者烈伝ノ続 979円
    作家 稲葉博一
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/11/11

    妖術、謀略、血闘! この漢たち、烈し過ぎる!! 発売即重版の人気シリーズ、待望の続刊。大和国を得た松永久秀の元に、幻術士・果心居士が現れた。伊賀忍者・笹児一味は、主の命を受け、難敵果心を追う。同...

  • 呉越春秋 湖底の城 五 671円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/10/14

    楚王の死去を知った伍子胥は呉王・僚を討つ。公子光は呉王闔廬となり、その子・終累は太子となった。子胥は闔廬の命で呉の外交を任されている季子のもとを訪れる。季子は「斉に対して呉は事を構えずと伝えるべ...

  • 隠密 味見方同心(六) 鵺の闇鍋 671円
    作家 風野真知雄
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/09/09

    謎の食材に、殺しの匂い。兄の仇を取るまで、魚之進の隠密捜査は終わらない。大人気江戸グルメ捕物帖第6弾猫の尻尾や人の目玉も入っていたことがあるという、蘭方医学塾のゲテモノ闇鍋会で殺しが発生。下手人...

  • 五人女捕物くらべ(下) 550円
    作家 平岩弓枝
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/15

    弱い者に親身な五人の女岡っ引、売れっ妓芸者・大店の女主人・女役者・娘猫使い・若い尼僧が、老岡っ引の小平次と共に、体当たりで解決する怪事件。彼等に加勢し、知恵をかす、物静かな青年武士は何者か? 御...

  • 五人女捕物くらべ(上) 550円
    作家 平岩弓枝
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/15

    朝の神田川に、女が1人釣り糸を垂れていた。「おおい、姐さん、御注進」。猪牙舟(ちょきぶね)が真一文字に近づいて来る。太公望のおせんと綽名(あだな)される売れっ妓は、老岡っ引小平次の手先として、恐...

  • あやめ横丁の人々 765円
    作家 宇江佐真理・氏家幹人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/08

    婿入りの祝言(じゅうげん)の席上、妻に思い人のあることを知った大身旗本の三男坊、紀藤慎之介。逆上して間夫(まぶ)を斬り捨て、妻女を自害に至らしめた彼は、婚家のつけ狙うところとなり本所「あやめ横丁...

  • 超高速!参勤交代 リターンズ 825円
    作家 土橋章宏
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/08

    日本アカデミー賞最優秀脚本賞など数々の名誉に輝いた大ヒット映画の続編原作小説が文庫化! 前作では、巨悪の老中による5日以内に江戸へ参勤せよという難題を乗り越えた東北の弱小藩の面々に、帰りは2日で...

  • 貸借 百万石の留守居役(七) 726円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/07/08

    大藩加賀に参勤交代の季節が近づいた。江戸から琴の待つ金沢へ。会津で国家老相手に渡り合い、貸しをつくることができた数馬は、またも難題、国元に帰る藩主一行のお膳立てを命じられる。道中の各藩の留守居役...

  • 滝沢馬琴(上) 492円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/24

    滝沢馬琴の苛酷な生を描く吉川英治文学賞受賞作。「南総里見八犬伝」「椿説弓張月」等で名声を得た馬琴は、保守的で狷介な性格のため人と衝突することも多く、苦しい家計と病弱な家族の煩労も、一身に負っていた。

  • 孤愁の岸(上) 583円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/24

    財政難に喘ぐ薩摩藩に突如濃尾三川治水の幕命が下る。露骨な外様潰しの策謀と知りつつ、平田靭負ら薩摩藩士は遥か濃尾の地に赴いた。利に走る商人、自村のエゴに狂奔する百姓、腐敗しきった公儀役人らを相手に...

  • 悲劇の風雲児 470円
    作家 杉本苑子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/24

    木曽の山谷が育てた天性の武人、義仲の31年の生涯。源家の御曹司として平家打倒の兵を挙げ京へ乱入、敗れた平氏は都を捨てる。義仲の権勢の日が始まったが、武力は憚(はば)かられても野人ぶりはからかわれ...

  • 三国志 曹操伝(中) 群雄の彷徨 901円
    作家 塚本青史
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/17

    武将としての地位を築き上げた曹操は、賢人猛将を次々と獲得。一方、洛陽では、董卓が義理の息子・呂布(りょふ)に暗殺されてしまう。後釜を狙う強敵たちを抑え、見事、帝を迎え入れた曹操。破竹の勢いだった...

  • 三国演義 第五巻 734円
    作家 安能務
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/17

    漢王朝の慟哭(どうこく)がきこえる。有名な「出師(すいし)の表」には、孔明の悲痛な叫びが盛りこまれている。張飛は殺害され、劉備も白帝城に没す。桃園で誓いを立てた3人はすでに亡い。さらに趙雲の死も...

  • 三国演義 第四巻 734円
    作家 安能務
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/06/17

    戦乱のなか、関羽は呉軍に捕らえられ、斬首される。悲しみもつかの間、曹操が病床に伏し、66歳の生涯を閉じる。英雄相次ぎ死す。さらに曹操の後を継いだ曹丕(そうひ)が、なんと帝位を簒奪(さんだつ)した...

セーフサーチの状態