読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「講談社文芸文庫」に掲載された作品一覧

7件中1-7件 (1/1ページ)
  • 鳥獣戯話 小説平家 1265円
    作家 花田清輝
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/01/01

    一等史料、正史とやらに隠蔽された人物たちを、周到な論理と、痛快・奔放な推理力を駆使して復権し、常に未来に向けての力強いメッセージとして語る、"本物のアバンギャルド"花田清輝の毎日出版文化賞受賞の...

  • 江戸文学掌記 現代日本のエッセイ 1100円
    作家 石川淳
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2017/01/01

    狂歌師・宿屋飯盛はその族籍を四民の外の「遊民」に区分けられたという。名称に潜む軽侮、対する反骨。文学の毒を練り風雅の妙を極めた「遊民」たる江戸文人たちの人、生活、作品を論じ、江戸文学の根幹に迫っ...

  • 城壁/星 小島信夫戦争小説集 1540円
    作家 小島信夫
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/08/14

    イデオロギー的偏向やうすっぺらな善悪を超え、戦場の奇妙な人間模様を描くことで、不気味なユーモア、シュールな世界として、〈戦争〉を読者に刻みこむ。兵士たちに蔓延する「迷子病」が県城自体の引っ越しを...

  • 室町小説集 715円
    作家 花田清輝
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    三種の神器の一つの"玉"を巡り、吉野川源流の山奥での武家、公家、入道、神官入り乱れての争奪の顛末。南北朝の対立が生んだ吉野・川上村の伝説が、博渉、強靱な思考の虚々実々の息吹で鮮烈に蘇る。転換期の...

  • 私の東京地図 880円
    作家 佐多稲子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    上野池之端清凌亭のころ、丸善時代、芥川龍之介や中野重治らとの出逢い。非合法活動、結婚、敗戦......住み馴染んだ東京の街、戦禍で失われた街。様々な思い出を、人々の善意と真摯な営みの中に描く。戦...

  • 花の町/軍歌「戦友」 825円
    作家 井伏鱒二
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    昭和16年、陸軍徴用員として従軍した著者は翌年2月シンガポールに入り、昭南タイムズ、昭南日本学園等に勤務。市内の一家族の動向を丹念に描いた長閑で滑稽で奇妙に平和な戦時中の異色作「花の町」をはじめ...

  • おまんが紅・接木の台・雪女 880円
    作家 和田芳恵
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    片隅に生きる職人の密かな誇りと覚悟を顕彰する「冬の声」。不作のため娼妓となった女への暖かな眼差し「おまんが紅」。一葉研究史の画期的労作『一葉の日記』の著者和田芳恵の晩年の読売文学賞受賞作「接木の...

  • 1
セーフサーチの状態