読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「六一書房」から出版された作品

7件中1-7件 (1/1ページ)
  • 三角縁神獣鏡と古墳時代の社会 5500円
    作家 岩本崇
    出版社 六一書房
    販売開始日 2020/10/09

    日本列島各地の有力首長墓から出土する三角縁神獣鏡を実証的かつ多角的に分析することをとおして、古墳時代開始期の社会構造に迫る。また、当該期において三角縁神獣鏡をはじめとした銅鏡が有した社会的意義を...

  • 学芸員と歩く 愛知・名古屋の戦争遺跡 1650円
    作家 伊藤厚史
    出版社 六一書房
    販売開始日 2016/05/27

    多数の地図、写真、イラストや年表を使用して学芸員がわかりやすく各遺跡を説明します。

  • 日本先史考古学史の基礎研究 山内清男の学問とその周辺の... 2750円
    作家 大村裕
    出版社 六一書房
    販売開始日 2013/09/13

    日本の考古学に偉大な足跡を残した山内清男。この巨人の目指した考古学とはどんなものだったのか、我々は何を継承していくべきなのか。関わりある人を訪ね、関連論文を渉猟し明らかにしていく知的冒険に満ちた好著。

  • 南武蔵の考古学 増補版 2200円
    作家 福田健司
    出版社 六一書房
    販売開始日 2013/09/13

    落川・一の宮遺跡における集落・建物の変遷の研究を中心に、古墳時代から古代南武蔵の土器編年、諸様相、その問題点をまとめる。

  • 縄紋土器の型式と層位 その批判的検討 3300円
    作家 大村裕
    出版社 六一書房
    販売開始日 2013/09/13

    「一日30分の勉強でも考古学の研究は可能である」と周囲に語っていた塚田光。30余年前、教職の激務の中で考古学の研究を断念しようとしていた著者が、下総考古学研究会/塚田と邂逅し、この在野考古学の雄...

  • ガラス瓶の考古学 3850円
    作家 桜井準也
    出版社 六一書房
    販売開始日 2013/09/13

    ガラス瓶は、わが国では主に近代以降生産・流通するようになったガラス製容器であるが、近代を語る物質資料として注目されてこなかった。しかし、近年は全国各地で実施される発掘調査においてガラス瓶が出土す...

  • 初めての発掘調査 さあ、考古学へ挑戦だ 1320円
    作家 相原康二
    出版社 六一書房
    販売開始日 2013/09/13

    用語の解説や実践的な発掘調査の方法などをカラーのイラストをたくさん使用し説明しています。学校の実習、ボランティアの方への教材や現地説明会などにご利用ください。

  • 1
セーフサーチの状態