読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「双葉社」から出版された作品

400件中1-24件 (1/17ページ)
  • 誘拐ファミリー 1980円
    作家 新堂冬樹
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/11/18

    誘拐が七十年続く浅井家の家業。固い絆で結ばれる一家六人だったが、跡目を巡って長兄、次兄が反目しあっていた。家長は決着をつけようと、二人を競わせる課題を出す。それは、ある巨大教団の幹部二人を誘拐し...

  • 沼に沈む骨は愛を語らない 超能力者には向かない職業 (1~3巻) 726円792円
    作家 斉木香津
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/11/11

    「人の気持ちになって考えなさい」という母の言葉通りに“人の意識に入り込む能力”が幼少期に身についていた刑事の麦子。ひょんなことから、田舎町でしばらく休暇をとることになった。そこでは、ある一家の長...

  • リベンジ 858円
    作家 柴田哲孝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/11/11

    IQ172の天才女子高生が原発に群がる悪い奴らをぶっ倒す! 笠原武大と萌子の父娘が何者かに襲われた。父は囚われの身となるが、娘は辛くも逃げ延びバイクで南を目指す。一方、警察庁公安課〝サクラ〟の田...

  • 4ページミステリー 682円
    作家 蒼井上鷹
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/11/11

    傑作ショートショートミステリー集「4ページミステリー」の第三弾!書き下ろしを含む61編を収録。

  • 十津川警部 二つの「金印」の謎 726円
    作家 西村京太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/11/11

    首を切断された他殺体が東京・京都・福岡と相次いで発見された。その現場には、死刑宣告文と漢委奴国王の金印が押捺されていた。十津川警部が捜査に乗り出した直後、ある団体の代表が親魏倭王の金印を発見した...

  • だから僕は君をさらう 770円
    作家 斎藤千輪
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/11/11

    辛い過去を抱えたミュージシャン志望の青年・守生光星は平穏無事に暮らすことを心がけて暮らしていた。そんな光星はある日、夜の墓地で一人の少女に出逢う。少女の秘密、そして自らの過去との巡り合わせ――光...

  • 優しい街 858円
    作家 新野剛志
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/11/11

    探偵の私は、名古屋から上京していた実業家から、娘を捜してほしいとの依頼を受ける。その娘、由はツイッターをやっていて、本来のアカウントとは別に、性的な表現が氾濫する裏のアカウント、「裏垢」もやって...

  • 相剋 越境捜査 1870円
    作家 笹本稜平
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/10/21

    警視庁の鷺沼と神奈川県警の宮野は、神奈川県警管内で発見された腐乱死体が碌な捜査もせず自殺と断定されることに疑問を持ち捜査を開始する。だが、二人の行く手を警察上層部が阻む。その裏には政治家の影がち...

  • 死の扉 1870円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/10/21

    元プロ野球選手が殺人で起訴されたが、ある男の証言が決め手で無罪となった。男の息子はつい最近亡くなっており、息子を安楽死させた疑いで、華岡検事は担当医師を取り調べているところだった。ふたつの事件に...

  • 虹の向こう 748円
    作家 池田久輝
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/10/14

    刑事からある女性のあとを尾けるよういわれた俺。仕方なく引き受け、その女性の日常をたどることになったが、その女性が向かったのは警察署だった......。日本推理作家協会賞の候補作「影」を含む短編4...

  • 読心刑事・神尾瑠美 704円
    作家 藤崎翔
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/10/14

    驚異の凶悪事件検挙率を誇るR県警捜査一課。その秘密は若き美人刑事にあった――。神尾瑠美は「人の心が読めちゃう」テレパス能力者。その能力で殺人犯の心を全部読み取り、次々と逮捕していく。瑠美の前では...

  • 乳房のくにで 1760円
    作家 深沢潮
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/09/18

    21世紀目前、福美は困窮していた。抱えた娘の父親は行方知れず、頼る実家もなく、無職。ただ、母乳だけはあまるほど出続ける。それに目を付けた、母乳を欲しがる家庭に母乳を届ける活動をしているという廣田...

  • 罪人が祈るとき 748円
    作家 小林由香
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/09/09

    主人公の少年が住む町では、三年連続で同じ日に自殺者が出たため「十一月六日の呪い」と噂されていた。学校でいじめに遭っている少年は、この日に相手を殺して自分も死ぬつもりでいた。そんなときに公園で出会...

  • 十津川警部 南紀・陽光の下の死者 715円
    作家 西村京太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/09/09

    池袋警察署の伊熊刑事は管轄区域で起きた未亡人殺害事件を担当していたが、独断専行を指摘され非番を命じられた。南紀白浜に向かう途中、特急「くろしお19号」の車中で男と知り合うが、翌日、その男が殺され...

  • 悪夢に架ける橋 682円
    作家 赤川次郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/09/09

    団地に暮らす専業主婦・浩枝は、現実と見まがうような「人が死ぬ悪夢」にうなされていた。ある晩、夢で見た殺害現場が現実のものと分かり、自分に不思議な力があることに気づく。浩枝だけが知っている事件の真...

  • 唐沢家の四本の百合 671円
    作家 小池真理子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/09/09

    唐沢慎介の三人の息子たちの嫁と、慎介の後妻の車椅子の美しい連れ子。四人の女性は雪に閉ざされた慎介の別荘で彼の到着を待っていた。そこに不吉な速達が届く。これまで他人同士だが仲良く幸せに暮らしていた...

  • 早房希美の謎解き急行 704円
    作家 山本巧次
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/09/09

    大手私鉄・武州急行電鉄に勤める早房希美のもとに、社内の各部署からトラブルが持ち込まれる。踏切の障害物検知装置が謎の誤作動を繰り返したり、駅員に階段で突き落とされたと乗客から訴えられたり――名刑事...

  • 感染シンドローム 847円
    作家 初瀬礼
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/09/09

    タジキスタンで原因不明の感染症が発生した。フリージャーナリストの御堂万里菜は年下のAD小島と共に現地取材に出発するが、乗り換え地のモスクワで小島がウイルス感染の症状をみせて突然死する。特効薬のな...

  • うるはしみにくし あなたのともだち 1760円
    作家 澤村伊智
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/08/21

    四ツ角高校三年二組で一番美しく人気もあった生徒・更紗が突如自殺する。遺書もなくいじめがあったわけでもない。彼女の死をきっかけに、次々に女生徒が見えない力によって容姿を傷付けられていく。互いを勘ぐ...

  • 極刑 1760円
    作家 小倉日向
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/08/21

    娘を殺されながらも極刑を望まなかった半田龍樹は、妻とも別れ、小さな居酒屋を始めた。一見、平穏に流れる日々――。だが、常連客は知らなかった。龍樹の陰の“制裁”を。卑劣な罪を犯しながらも逃げおおせた...

  • 赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。 1485円
    作家 青柳碧人
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/08/21

    日本の昔話をミステリで読み解き好評を博した『むかしむかしあるところに、死体がありました。』に続き、西洋童話をベースにした連作短編ミステリが誕生しました。今作の主人公は赤ずきん! ――クッキーとワ...

  • テロリストの家 1760円
    作家 中山七里
    出版社 双葉社
    販売開始日 2020/08/21

    公安部のエリート刑事・幣原は、イスラム国関連の極秘捜査から突然外された。間もなく、息子の秀樹がテロリストに志願したとして逮捕された。妻や娘からは息子を売ったと疑われ、組織や世間には身内から犯罪者...

  • 動機探偵 715円
    作家 喜多喜久
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/08/14

    令王大学の名村准教授は若き天才研究者。人工知能(AI)を進化させるため、人の心の「なぜ?」を解きあかそうとしていた。特任助手の若葉とともに、不可解な事件の謎に挑む。遺品として見つかった出所不明の...

  • グレイゴースト 825円
    作家 本城雅人
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/08/14

    渋谷署の刑事・篠塚は、祖父が衆議院議員、父も参議院議員という名家の生まれだが、17年前、不正献金の疑いをかけられた父が謎の死を遂げた。その因縁は警察組織に身を置く篠塚に今も影を落としている。渋谷...

セーフサーチの状態