読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「築地書館」から出版された作品

18件中1-18件 (1/1ページ)
  • 岩石と文明 (1~2巻) 2640円
    作家 ドナルド・R・プロセロ 佐野弘好
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/06/11

    地球が、この地面が、どのようにできてきたのか知りたい............ 富裕層の趣味から出発し、聖書の記述を否定し、 サイエンスとしての地球科学を築いた発見の数々と、 その発見をもたらした...

  • 土と内臓 2970円
    作家 デイビッド・モントゴメリー アン・ビクレー 片岡夏実
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/05/28

    肥満、アレルギー、コメ、ジャガイモ―― みんな微生物が作り出していた! 植物の根と、人の内臓は、豊かな微生物生態圏の中で、 同じ働き方をしている。 マイクロバイオーム研究で解き明かされた人体での...

  • 地域林業のすすめ 2200円
    作家 青木健太郎 植木達人
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/05/28

    大規模林業と小規模林業が共存して持続可能な森林経営を行なっているオーストリア。 そのカギは、徹底した林業専門教育、地域密着のエネルギー供給をはじめとする 土地に根ざした地域主体の小規模林業・林産...

  • 食卓を変えた植物学者 3190円
    作家 ダニエル・ストーン 三木直子
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/05/21

    大豆、アボカド、マンゴー、レモンから日本の桜まで。世界の農産物・食卓を変えたフルーツハンター伝。第一次世界大戦前のアメリカで、自国の農業と食文化発展のために、新たな農作物を求めて世界中を旅してま...

  • 先生、頭突き中のヤギが尻尾で笑っています! 1760円
    作家 小林朋道
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/05/21

    裸のヤドカリが殻をよこせと腹でピタピタ威嚇し、ヤマネはフクロウの声を怖がり、手塩にかけた3匹の子モモンガは無事に森に帰る―― 自然豊かな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件の数々を人間動物行...

  • 日本のアンモナイト 2640円
    作家 大八木和久
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/05/21

    北海道から沖縄まで全国各地で採集できる化石・アンモナイトの中でも特に北海道で採集された化石を中心に、分類・時代・産地・サイズを明記してオールカラーで紹介した類書のない化石標本図鑑。化石一筋50年...

  • きのこと動物 2640円
    作家 相良直彦
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/05/21

    動物と菌類の食う・食われる、動物の尿や肉のきのこへの変身、きのこから探るモグラの生態、鑑識菌学への先駆け、地べたを這う研究の意外性、菌類のおもしろさを生命連鎖と物質循環から描き、共生観の変革を説...

  • 藻類 生命進化と地球環境を支えてきた奇妙な生き物 3300円
    作家 ルース・カッシンガー 井上勲
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    プールの壁に生えている緑色のものから、 ワカメやコンブといった海藻、 植物の体内の葉緑体やシアノバクテリアまで、 知っているようでよく知らない藻類。 だが、地球に酸素が発生して生物が進化できた...

  • トラウマと共に生きる 2640円
    作家 森田ゆり
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    子ども時代の性暴力被害サバイバー達の赤裸々な証言と、トラウマと共に生きる豊かな知恵と躍動するいのち。この問題に先駆的に取り組み続けてきた著者が、世界の最前線の視点と支援の具体的方法を提示する待望の書。

  • 人類と感染症、共存の世紀 2970円
    作家 デイビッド・ウォルトナー=テーブズ 片岡夏実
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    ヒトが免疫を獲得していない未知の病原体が、 突如として現れ人間社会を襲うようになった21世紀。 コロナウイルスに限らず、新興感染症の波が次々と襲ってくるのはなぜなのか。 獣医師、疫学者として世...

  • 菌根の世界 2640円
    作家 齋藤雅典
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    緑の地球を支えているのは菌根*だった。 陸上植物の8割以上が菌類と共生関係を築き、 菌根菌が養水分を根に渡し、植物からは糖類を受けとっている。 植物は菌根菌なしでは生きられない。 *---菌類と...

  • 小さな学校の時代がやってくる 1760円
    作家 辻正矩
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    「学びの意味」が激変する現在、 学習指導要領に則った画一的な教育から離れ、 学びの深さが変わる異年齢集団学習を取り入れた、 生徒の主体的・対話的な学びができる、 民主的な小さな学校が、続々と出来...

  • コロナ後の食と農 2200円
    作家 吉田太郎
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    ジャンクフード大国アメリカでは、肥満と免疫力低下が大量の感染患者を産み、 世界の密飼される工業型畜産が病原菌や、ウイルスの潜在的な培養器となっている。 農業をオーガニックに全面転換すれば生産力...

  • 東大式癒しの森のつくり方 2200円
    作家 東京大学富士癒しの森研究所
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    富士山麓山中湖畔に広がる、東京大学演習林「癒しの森」ここを舞台に人と森とをつなぐプロジェクトが始まった。楽しいから山に入る、地域の森の手入れをする、薪をつくる、「癒し」を得ながら森に関わる、誰で...

  • 地球を滅ぼす炭酸飲料 2200円
    作家 ホープ・ヤーレン 小坂恵理
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    全米図書賞に輝く女性科学者が、農業の集約化、食生活の変化、人口増加、過去半世紀のエネルギー使用量など、さまざまなデータを集めて地球の変化の数値化に取り組み、今、一人ひとりが行動を変えることの意義...

  • ミツバチの会議 3080円
    作家 トーマス・シーリー 片岡夏実
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    新しい巣をどこにするか。群れにとって生死にかかわる選択を、ミツバチたちは民主的な意思決定プロセスを通して行ない、常に最良の巣を選び出す。 その謎に迫るため、森や草原、海風吹きすさぶ岩だらけの島へ...

  • 時間軸で探る日本の鳥 2860円
    作家 黒沢令子 江田真毅
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    鳥を巡るタイムマシンの旅に出よう。 海に囲まれた日本列島には、 どのような鳥類が暮らしてきたのか、そして人間にどう認識されてきたのか。 化石や遺跡で出土した骨から土器や銅鐸、埴輪で描かれた鳥たち...

  • 人に話したくなる土壌微生物の世界 1980円
    作家 染谷孝
    出版社 築地書館
    販売開始日 2021/04/30

    畑に食卓、さらには洞窟、宇宙まで!? 植物を育てたり病気を引き起こしたり、 巨大洞窟を作ったり光のない海底で暮らしていたり。 身近にいるのに意外と知らない土の中の微生物。 その働きや研究史、病原...

  • 1
セーフサーチの状態