読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「論創社」から出版された作品

97件中1-24件 (1/5ページ)
  • 帰らなかった日本兵 2640円
    作家 長洋弘
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/07/23

    日本では敵前逃亡罪となる可能性のあった彼らは、戦後、インドネシア独立戦争で英雄となった! 太平洋戦争には日本兵として敵と戦い、戦後は現地に残って独立戦争のインドネシア兵となった。彼らはなぜ日本に...

  • フレンチ警部と漂う死体 1760円
    作家 F・W・クロフツ
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/07/02

    イギリス大富豪の一族を襲った謎の殺人事件。フレンチ警部、地中海へ行く。30作を超えるシリーズの中で未訳となっていた長編が待望の邦訳 !

  • マダム花子 1980円
    作家 根岸理子
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/07/02

    Who is HANAKO?ロダンの唯一の日本人モデル、森鷗外の小説「花子」のヒロイン、そして、世界的に活躍するアーティストの先駆者でもあるマダム花子(1868-1945)とは、いかなる女性であ...

  • ヘッダ・ガブラー 1650円
    作家 ヘンリック・イプセン
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/07/02

    世紀末閉塞社会の女性心理を描いた近代リアリズム演劇の白眉!あるいは、『人形の家』のパロディか!?詳細な注釈をつけて新たに訳されたイプセンの傑作。

  • 台湾プロ野球〈CPBL〉観戦ガイド&選手名鑑2021 1980円
    作家 ストライク・ゾーン
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/07/02

    この一冊で台湾プロ野球のすべてがわかる!全5球団のカラー写真名鑑〈寸評付〉、全球場ガイドとチーム紹介。王柏融(北海道日本ハムファイターズ)のインタビューも収録。

  • 定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年後半 2200円
    作家 森達也
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/07/02

    緊急事態宣言後の社会はどう変容したのか。第二波を迎えるなかで強行された、Go Toキャンペーンの行方はいかに。16人の一流の論者がコロナ禍の社会を徹底分析。コロナ禍における社会の動向を記憶するた...

  • シャオハイの満洲 2640円
    作家 江成常夫
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/07/02

    戦後、多くの日本人の子どもたちが中国に取り残された。敗戦のとき何歳だったのか、日本の父母の名前、自分の日本名もわからない。本書は、5回にわたる中国残留日本人孤児への撮影取材にもとづく記録。土門拳...

  • キャッスルフォード 2992円
    作家 J・J・コニントン 板垣節子
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/06/11

    キャッスルフォード家を巡る財産問題の渦中で起こる悲劇。クリントン・ドリフィールド卿が事件の謎に挑む!

  • 黒い駱駝 2112円
    作家 E・D・ビガーズ 林たみお
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/06/11

    黒い駱駝に魅入られたのは誰だ!チャーリー・チャンの大いなる苦悩。

  • 鍵のない家 2112円
    作家 E・D・ビガーズ 林たみお
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/06/11

    東洋人探偵の代名詞ともいえるチャーリー・チャン、初登場作品。E・D・ビガーズの代表作を新訳。

  • 被告側の証人 1936円
    作家 A・E・W・メイスン 寺坂由美子
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/06/11

    イギリスとインドを舞台に繰り広げられる恋愛ミステリ。

  • 終わりのない事件 1936円
    作家 L・A・G・ストロング 川口康子
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/06/11

    作曲家エリスとブラッドストリート警部の名コンビ再び!叢書「クライムクラブ」選出作品。

  • 疑惑の作家 「門田隆将」と門脇護 1650円
    作家 柳原滋雄
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/06/11

    人気作家のモラルを問う。映画『 Fukushima50』や書籍『疫病2020』で知られるベストセラー作家の《盗用》は、2015年最高裁で認定された『風にそよぐ墓標』事件だけではなく、『この命、義...

  • 〈サーカス・クイーン号〉事件 2112円
    作家 クリフォード・ナイト 藤盛千夏
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/06/11

    太平洋を航海しながら寄港先で興行を行なう移動サーカス団を見舞う悲劇と惨劇。乗りあわせた大学教授のハントン・ロジャーズ教授が事件解決に乗り出す。

  • 韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑2021 1430円
    作家 室井昌也
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/05/28

    日本で唯一の韓国プロ野球ガイド。球団、選手情報はもちろん球場ガイド、コラムも充実!全選手寸評&索引付き!韓国プロ野球のすべてが詰まった一冊。

  • 学校が子どもを殺すとき 1980円
    作家 渋井哲也
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/05/14

    筆者は、学校に関連して死んでいく子どもたちの死因を「学校死」と定義したうえで、当事者を取材する。そこから見えてきたものは、学校が生徒を見殺しにしている実態であった。「学校死」は、どうすれば減らす...

  • 定点観測 新型コロナウイルスと私たちの社会 2020年前半 1980円
    作家 森達也
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/05/14

    100年に一度と言われる感染症の蔓延に、日本の社会はどのように対応したのか、また対応しなかったのか。深刻な事態を風化させないために記録しよう、という共通の思いで、森達也のかけ声のもと、論者たちが...

  • 冷戦文化論 増補改訂版 2420円
    作家 丸川哲史
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/05/14

    かつて冷たい戦争があった――。その戦争に巻き込まれつつ、主宰者であり共犯者でもあった日本。冷戦とは日本にとって何だったのか。小説の行間から、映画のワンシーンから、忘却の彼方にある冷戦が、いまも継...

  • 統一教会と私 2420円
    作家 仲正昌樹
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/05/14

    東大入学とほぼ同時に、統一教会に入った著者は、一一年半にわたる入信生活の後、脱会して学者の道へ。気鋭の哲学者がその数奇な半生をつづり、みずからの宗教体験を振りかえる。

  • 私たちは学術会議の任命拒否問題に抗議する 1760円
    作家 人文社会系学協会連合連絡会
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/05/14

    日本学術会議って、何なのだろう。任命拒否って、どういうことなのだろう。こうした素朴な疑問に答えるため、また、多くの学会が出した声明を風化させないため、人文社会系の学者が立ち上がった。

  • カルトの子 2420円
    作家 米本和広
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/05/14

    私たちの親が信じたのは、オウム真理教、エホバの証人、統一教会、ヤマギシ会だった......。ごく普通の家庭にカルト宗教が入り込んだとき、子どもはどんな影響を受けるのか。教団のなかで、家庭で、何が...

  • 例題で学ぶExcel VBA入門 2112円
    作家 加地太一 大堀隆文 穴沢務
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/03/19

    2020年度から小・中学校・高等学校で順次プログラミング教育が必修化されていく。本書では、身近なExcelで利用可能なプログラム言語Excel VBAを用い、初歩から実践的なプログラムの作成まで...

  • 大いなる過失 3168円
    作家 M・R・ラインハート
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/03/05

    館で催されるカクテルパーティーで怪死を遂げる男。連鎖する死の真相はいかに? 名作「螺旋階段」の著者ラインハートが放つ極上のミステリ。

  • バスティーユの悪魔 2288円
    作家 エミール・ガボリオ
    出版社 論創社
    販売開始日 2021/03/05

    恋愛、陰謀、憎悪、邪念。バスティーユ監獄での出会いが騎士と毒薬使いの運命を変えていく......。十七世紀のパリで繰り広げられる歴史浪漫譚。エミール・ガボリオの“幻の長編”を完訳!

セーフサーチの状態