読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

おれの足音 大石内蔵助 (1~2巻) - 池波正太郎

2件中1-2件 (1/1ページ)
タイトル数 2 (1~2巻) 合計 1530(14ポイント)
  • おれの足音 大石内蔵助(下) 池波正太郎/著 765円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    女を愛し、人を愛した人間味あふれる男。池波正太郎が愛した、大石内蔵助とは?

    試し読み 試し読み
  • おれの足音 大石内蔵助(上) 池波正太郎/著 765円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    大石内蔵助の愛すべき人柄と生涯を描く、池波正太郎文学の傑作

    試し読み 試し読み
  • 1
セーフサーチの状態

池波正太郎の他の作品

  • 鬼平犯科帳 469円652円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/11/22

    盗賊も“鬼の平蔵”と呼んで恐れるのは、江戸幕府の火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長官・長谷川平蔵!

  • 旅路 (1~2巻) 801円880円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/01/04

    池波正太郎のヒロイン、仇討の旅 彦根藩の勘定方・三浦芳之助が斬殺された。 下手人は御目付方・近 藤虎次郎らしい。 男は逃亡し、藩庁は三浦の若妻・三千代に実家へ戻るようにと沙汰した。 納得出来ぬ...

  • 抜討ち半九郎 550円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    抜討ちの達人関根半九郎は、許嫁を犯した上役を斬り、破牢して盗賊の群に落ちた。拾った女お民を連れて、殺人と強盗の凄惨な日々。やがて、最後の大仕事に失敗し、奉行所の追手、血みどろの仲間割れ、敵(かた...

  • 梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三) 550円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    行きつけの料亭「井筒」で梅安は、10年前、自分の命を救ってくれた浪人を見かけた。梅安に頼まれて後をつけた彦次郎は浪人が悪辣な辻斬りであることを知る。命の恩人の正体に苦悩する梅安だが、度重なる悪行...

  • 梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六) 495円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    巨悪・白子屋菊右衛門は倒したが、いまだ残党に狙われる梅安。彦次郎と小杉十五郎は、鍼医師として人助けに励む彼を陰で支えていた。しかし復讐者たちは、意表をついた方法で梅安に襲いかかってきた。なじみの...

  • まぼろしの城 495円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    越後の上杉、甲斐の武田、小田原の北条。関東管領が実質的な力をなくし、覇を争う武将たちに取り巻かれながらも、上野の沼田万鬼斎はしたたかに生き抜こうとしていた。しかし愛妾・ゆのみとその父・金子新左衛...