読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

鬼平犯科帳 - 池波正太郎

23件中1-23件 (1/1ページ)
タイトル数 23 合計 13753(129ポイント)
  • 鬼平犯科帳(二十四) 池波正太郎/著 469円(税込) 4ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    著者の逝去で未完となった長篇〈誘拐〉を収録。最後まで読むと、また一巻目から読み返したくなる、充実の最終巻!

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(二十三) 池波正太郎/著 560円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    長篇〈炎の色〉。謹直だった平蔵の父に隠し子が...! この平蔵の〔腹ちがいの妹〕と盗賊の隠し子が事件にからんでゆく

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(二十二) 池波正太郎/著 622円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    長篇〈迷路〉。盗賊改方の活躍で、弟やその一味を死罪にされた老盗賊は、死ぬ前のひと働きとばかり平蔵を追い詰め...

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(二十一) 池波正太郎/著 601円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    探索方から勘定方に戻され、ふて腐れていた同心・細川峯太郎は、評判のいい按摩・辰の市が杖も持たずに歩くのを見た

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(二十) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    鯉の洗いで一杯やっていた平蔵と老密偵・相模の彦十。厠に立った彦十が見た男は、いまだ捕まったことがない盗賊だった

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十九) 池波正太郎/著 591円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    桶屋の富蔵の女房、おろくは女だてらに桶をつくる働き者。その息子が誘拐された。さては生みの母親が取り返しに?

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十八) 池波正太郎/著 560円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    盗賊をしていた頃の、恩あるお頭の娘が狙われている! 密偵・仁三郎は苦悩のすえ、平蔵に内緒で非常手段をとった

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十七) 池波正太郎/著 622円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    長篇〈鬼火〉。うまい酒を出すと評判の「権兵衛酒屋」。ふらりと立ち寄った平蔵は酒を堪能するが、その直後...!

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十六) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    「いうことをきかぬと、亭主に、以前のお前のことを告げてやるぞ」と脅しながら女の躯をむさぼる同心。その真意は...

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十五) 池波正太郎/著 652円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    シリーズ初登場の長篇〈雲竜剣〉。同心が二夜続けて殺された。その胸の傷痕、平蔵には見覚えが...盗賊改方への挑戦か?

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十四) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    目黒不動で木村忠吾に、「江戸で、お盗めでござんすか?」と話しかける男。どうも忠吾そっくりの盗賊がいるらしい?

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十三) 池波正太郎/著 581円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/11/22

    盗賊の守るべき三カ条とは、貧しいものに手を出さぬこと、人を殺傷せぬこと、盗みに入った先で女を手ごめにせぬこと

  • 鬼平犯科帳(十二) 池波正太郎/著 622円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    かつては盗賊であったが、いまは密偵。そんな六人が酒盛りをするうちに興が乗り、ひとつお盗めの手本を見せようと...

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十一) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    同心のうさ忠こと木村忠吾は、食いしん坊。深川の茶店の一本饂飩が大好物だ。その店で気味のわるい男が話しかけてきた

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(十) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    鬼の平蔵を「銕つぁん」呼ばわりするのは、放蕩無頼の時代に世話になったお熊婆ぁ。ある日、妙なはなしを持ち込んだ

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(九) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    密偵のおまさと大滝の五郎蔵が、平蔵の粋なはからいで夫婦に。「女は何よりも、男の肌身に添うているべきものだ」

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(八) 池波正太郎/著 581円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    下女となって奉公をし、金品を盗んで逃げる二人組の〔下女泥〕。だが、この女たちが貪欲なのは盗みだけではなかった

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(七) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    「あんな、芋の煮ころがしのような小むすめの、どこがいったい...」平蔵の息子・辰蔵はただいま茶店の小女に夢中

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(六) 池波正太郎/著 581円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    清廉な心意気だけで悪行を取り締まることなどできない。粋狂な鬼の平蔵の一面を描いて人気の高い「大川の隠居」を収録

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(五) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    左肩を切り裂かれた平蔵。「鬼平。お前もこれまでだな」闇の底から、網切の甚五郎の声が聞こえた。...鬼平危うし!

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(四) 池波正太郎/著 591円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    密偵・おまさがさらわれた! 嬲られるおまさを救いに、平蔵はひとり敵地にのりこむが、相手の剣の腕も大したもので...

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(三) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    平蔵は、うさ忠こと木村忠吾を御供に京都・奈良へ長旅をする。京の女の肌の香を嗅ぎたいと、張り切るうさ忠だが...

    試し読み 試し読み
  • 鬼平犯科帳(一) 池波正太郎/著 612円(税込) 6ポイント(1%)
    販売開始日: 2012/11/09

    盗賊も“鬼の平蔵”と呼んで恐れるのは、江戸幕府の火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長官・長谷川平蔵!

    試し読み 試し読み
  • 1
セーフサーチの状態

池波正太郎の他の作品

  • おれの足音 大石内蔵助 (1~2巻) 765円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2012/11/09

    大石内蔵助の愛すべき人柄と生涯を描く、池波正太郎文学の傑作

  • 旅路 (1~2巻) 801円880円
    作家 池波正太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/01/04

    池波正太郎のヒロイン、仇討の旅 彦根藩の勘定方・三浦芳之助が斬殺された。 下手人は御目付方・近 藤虎次郎らしい。 男は逃亡し、藩庁は三浦の若妻・三千代に実家へ戻るようにと沙汰した。 納得出来ぬ...

  • 抜討ち半九郎 550円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    抜討ちの達人関根半九郎は、許嫁を犯した上役を斬り、破牢して盗賊の群に落ちた。拾った女お民を連れて、殺人と強盗の凄惨な日々。やがて、最後の大仕事に失敗し、奉行所の追手、血みどろの仲間割れ、敵(かた...

  • 梅安最合傘 仕掛人・藤枝梅安(三) 550円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    行きつけの料亭「井筒」で梅安は、10年前、自分の命を救ってくれた浪人を見かけた。梅安に頼まれて後をつけた彦次郎は浪人が悪辣な辻斬りであることを知る。命の恩人の正体に苦悩する梅安だが、度重なる悪行...

  • 梅安影法師 仕掛人・藤枝梅安(六) 495円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    巨悪・白子屋菊右衛門は倒したが、いまだ残党に狙われる梅安。彦次郎と小杉十五郎は、鍼医師として人助けに励む彼を陰で支えていた。しかし復讐者たちは、意表をついた方法で梅安に襲いかかってきた。なじみの...

  • まぼろしの城 495円
    作家 池波正太郎
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/02/11

    越後の上杉、甲斐の武田、小田原の北条。関東管領が実質的な力をなくし、覇を争う武将たちに取り巻かれながらも、上野の沼田万鬼斎はしたたかに生き抜こうとしていた。しかし愛妾・ゆのみとその父・金子新左衛...