読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

作品から探す

5299件中1-24件 (1/221ページ)
  • 新着!
    梟の巨なる黄昏 660円
    作家 笠井潔
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/06/18

    戦慄の長篇サイコ・サスペンス。異端の作家が遺した魔書が、抑圧された欲望を殺意へと変えるとき......。魔書が誘う破滅への道。

  • 雪に撃つ 1760円
    作家 佐々木譲
    出版社 角川春樹事務所
    販売開始日 2021/06/15

    さっぽろ雪まつり開幕前日に起こった、自動車窃盗事件、少女の家出、そして発砲事件。無関係に見える事件が、一年で一番賑わう札幌でひとつに収束していく。虐待、不正、外国人労働者――刑事たちの執念は届く...

  • 911代理店 748円
    作家 渡辺裕之
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル ハルキ文庫
    販売開始日 2021/06/15

    「911」‐‐米国は日本と違い、警察、消防、救急の区別なく、緊急事態は全てこの番号に電話を掛ける。そこで必要な対応を決定するのだ。「株式会社911代理店」はそれを日本で行うことを目的とする。恋人...

  • 東京ホロウアウト 950円
    作家 福田和代
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2021/06/14

    「俺たちは、単にモノを運んでるわけじゃない! 俺たちが運ぶのは、信頼だ」コロナ禍の中、オリンピック開催が迫る東京を物流テロが襲う。道路が破壊され、食料が届かず、陸の孤島と化した街を救うため、長距...

  • 密室 682円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/06/11

    政治家や高級官僚を相手にする秘密のコールガール組織に、かつて関係のあった銀座のクラブママ・畑野光子が絡んでいる――。 そんなネタを掴んだ雑誌記者の堀部昌二郎は光子を訪ね、勧められるまま買ったコー...

  • それはきっと君だけの綿菓子 220円
    作家 天川さく yorutuki
    出版社 いるかネットブックス
    販売開始日 2021/06/11

    過去見の力がある高校生・拓人。彼女から見えたのは亡くなったおじいさんの姿。それからパリの空港、事件の始まりだ。

  • 鮮血の珊瑚礁 671円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2021/06/11

    法律事務所で調査員をしている辻五郎は、妹から、スリランカで行方がわからなくなった恋人の宮内敦を捜してほしいと頼まれた。 二億円のサファイアを持って逃げたのではないかという疑いがあった。そんなこと...

  • 美奈の殺人 662円
    作家 太田忠司
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/06/11

    得体の知れぬ陰謀に巻き込まれた僕を待っていた事件の真相とは? 期待の俊英が放つ、青春の危険な香りに満ちた「愛」のミステリー!

  • 彼方の悪魔 792円
    作家 小池真理子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/06/10

    語学留学から帰国した男子学生はペットのリスの死骸を持ち帰り、自宅の庭に埋めてやったが、その日から高熱を出した。なんとリスはペスト菌に冒されていたのだ。一方、男子学生の自宅にほど近いところには美し...

  • 流れ星と遊んだころ<新装版> 935円
    作家 連城三紀彦
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/06/10

    銀幕の大スター「花ジン」こと花村陣四郎のパワハラに耐えるマネージャーの北上は、ある夜、危険な魅力を放つ秋場という男と出会う。秋場に惚れこんだ北上は、その恋人である鈴子も巻きこみ、花ジンから大作映...

  • 無垢の傷痕 本所署〈白と黒〉の事件簿 660円
    作家 麻見和史
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/06/10

    本所署刑事課に所属する黒星達成。刑事にあるまじき名ゆえに超ネガティブ思考の彼が新たに組まされたのは、元看護師という変わった経歴をもつ白石雪乃巡査長。艶やかな黒髪に白い肌、おっとりした外見とは裏腹...

  • 罪なき子 759円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2021/06/10

    凄惨な通り魔殺人事件が起きた。多くの人で賑わう休日の美術館のなか、二人の男女が凶刃に斃れた。逮捕された男は死刑囚の息子で、死刑判決を望んでいる。男は、社会から過酷な仕打ちを受けてきたと語り、その...

  • 泥濘 1001円
    作家 黒川博行
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/06/08

    「疫病神」の最強バディ、凶弾に倒れる! 桑原・二宮コンビの新たな標的はワルの警察OB。「週刊文春」連載で警察の腐敗に斬り込み大反響を呼んだ『疫病神シリーズ』第七弾! ※この電子書籍は2018年...

  • 神様の罠 801円
    作家 辻村深月 乾くるみ 米澤穂信 芦沢央 大山誠一郎 有栖川有栖
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2021/06/08

    人気作家6人の豪華すぎるアンソロジー! ミステリー界をリードする作家による、珠玉の「罠」。 好きな作家を指名買いの方も、新たなお気に入り作家を探す方も納得の一冊です。 「夫の余命」乾くるみ 「...

  • 野球が好きすぎて 1760円
    作家 東川篤哉
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2021/06/04

    “推し”をめぐって殺人!? 熱狂的な野球ファンが巻き起こす珍事件を、捜査一課の神宮寺つばめが推理する爆笑本格ミステリ!

  • 科警研のホームズ (1~3巻) 634円639円
    作家 喜多喜久
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2021/06/04

    大人気「化学探偵Mr.キュリー」シリーズの著者が描く、初の科学捜査ミステリー! 科学警察研究所・本郷分室にやってきた三人の研修生たちは、科警研の仕事に興味を示さない室長・土屋の態度に困惑する。...

  • 偽装連鎖 警視庁極秘指令 858円
    作家 南英男
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2021/06/04

    刺殺されたIT企業の社長が蓄えていた個人資産が消失。金の匂いを嗅ぎつけたハイエナたちの仕業かーー犯人と大金の行方は!?(『偽装警官 警視庁極秘捜査班』改題)

  • ラブ・ケミストリー 565円
    作家 喜多喜久
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2021/06/04

    大好評、第9回『このミステリーがすごい!』大賞優秀賞作。「前代未聞空前絶後の有機化学ラブコメ。いやもう爆笑です」大森望(翻訳家・書評家)はじめ、「見事にだまされた! 」「爽やか青春物!」「爽やか...

  • 秘書室の殺人 660円
    作家 豊田行二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2021/06/04

    美人秘書の豊満な身体は普段と違う反応。別の男の存在を感じとった翌日に殺された。最後のデ-トの相手だった男が犯人と疑わるが...。

  • 霧にたたずむ花嫁 1012円
    作家 赤川次郎
    出版社 実業之日本社
    レーベル ジョイ・ノベルス
    販売開始日 2021/06/04

    霧の中、誰かにつけられていた朋代。逃げようとするが追い詰められ、ダメだと思った瞬間に男性が現れ!? シリーズ第34弾。

  • 猫色ケミストリー 613円
    作家 喜多喜久
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2021/06/04

    第9回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞受賞作家が描く、人気有機化学ミステリー・シリーズ第2弾がついに文庫化です! 計算科学専攻の大学院生・明斗は、落雷により、野良猫と同級生の女子院生スバ...

  • オルフェウスのダンジョン 770円
    作家 石井敏弘
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2021/06/04

    乱歩賞作家が仕掛ける4つの本格推理! 作中に散りばめられた手掛かりから真犯人を特定せよ

  • こちら副業推進部、事件です 693円
    作家 阿部考二
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2021/06/04

    副業推進で注目されるレッツ株式会社の社長が、移動中のヘリコプターの機内で殺害された。 同乗した副社長、専務、常務の三人は社長の指示でアイマスクとヘッドホンを装着し大音量で音楽を聴いていたという。...

  • パズラー 謎と論理のエンタテインメント 850円
    作家 西澤保彦
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2021/05/31

    亡くなったと聞いていたはずの同級生が実は生きていた? 高校の同窓会で知る意外な真実を描く「蓮華の花」ほか、“謎と論理”に、とことんこだわった西澤ミステリの精華6編。

セーフサーチの状態