読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

作品から探す

4553件中1-24件 (1/190ページ)
  • 遊部 (1~2巻) 713円
    作家 梓澤要
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    大仏が焼き討ちされ正倉院の秘宝を奪われるた東大寺は、呪術集団・遊部に秘宝奪還の命を下す。戦乱の世を舞台、空前絶後の傑作伝奇。

  • 乱都 1701円
    作家 天野純希
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/10/23

    戦乱の京に覇を唱えんとした男たちを描く連作集。 都には人を滅びに導く魔物が棲んでいる。応仁の乱から室町幕府崩壊まで、天下人にならんと戦いと裏切りに明け暮れた畠山義就、細川政元、足利義輝ら七人の男...

  • 女性兵士 660円
    作家 加藤健二郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    彼女たちはなぜ兵士になったのか? 濃密な戦場描写と冷静な観察眼が光るルポ。戦いに魅せられた女たちとの日々をつづる。

  • 山本周五郎 作品集 (1~31巻) 110円
    作家 山本周五郎
    出版社 オリオンブックス
    販売開始日 2020/10/23

    時代小説の名手、山本周五郎が描いた人情話の傑作集。さまざまな事情を抱え、必死で生きていく人々に思わず胸が熱くなる。

  • 奇貨居くべし 858円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/10/22

    秦の始皇帝の父ともいわれる呂不韋。一商人から宰相にまでのぼりつめたその波瀾の生涯を描く。十五歳の少年・不韋は、妾腹の子であるため、家にあっても孤独で、確たる未来を描けないまま日々を送っていたが....

  • 東シナ海開戦 1100円
    作家 大石英司
    出版社 中央公論新社
    レーベル C★NOVELS
    販売開始日 2020/10/20

    香港の自由を奪った中国が、次に見据えるのは台湾だ。ある日、台湾領の東沙島が中国軍の奇襲を受ける。大艦隊が接近する中、台湾軍は必死の抵抗を続けることに。そんな緊迫する台湾に偶然居合わせたのがサイレ...

  • 荒海の槍騎兵 (1~2巻) 1100円
    作家 横山信義
    出版社 中央公論新社
    レーベル C★NOVELS
    販売開始日 2020/10/20

    昭和一六年、日米両国の関係はもはや戦争を回避できぬところまで悪化。連合艦隊は開戦に向けて主砲すべてを高角砲に換装した防空巡洋艦「青葉」「加古」を前線に送り出す。新シリーズ開幕!

  • きずな水 人情料理わん屋 748円
    作家 倉阪鬼一郎
    出版社 実業之日本社
    販売開始日 2020/10/19

    泳ぎくらべに感じ入った大名が、三人一組で競い合ってみてはと持ちかける。 皆乗り気になり動き出すが、そこへ思わぬ災難が――。

  • 彼方より 495円
    作家 篠田真由美
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2020/10/16

    稀代の快楽殺人者ジル・ド・レと、彼に仕えた錬金術師フランソワ・プレラの物語

  • ドラキュラ公 ヴラド・ツェペシュの肖像 495円
    作家 篠田真由美
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2020/10/16

    生前の悪評と悲惨な敗死に彩られた“英雄”、その苛烈な生涯を描く

  • 灰の男 985円
    作家 小杉健治
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/16

    1945年3月10日、10万人を焼き尽くした東京大空襲には、恐るべき謀略が密められていた。戦争の巨大な暴力を描き切る問題作。

  • 馬琴の嫁 660円
    作家 群ようこ
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/16

    舅は人気戯作者、曲亭馬琴。家風の違いすぎる婚家、癇性な夫。苦労の絶えない結婚生活を明るく強く乗り切っていく、女性の一代記。

  • しのぶ梅 着物始末暦 681円
    作家 中島要
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル 時代小説文庫
    販売開始日 2020/10/15

    着物の染み抜き、洗いや染めとなんでもこなす着物の始末屋・余一は、職人としての腕もよく、若くて男前なのだが、人と深く関わろうとしない。一方、余一の古馴染みで、柳原土手の古着屋・六助は、難ありの客ば...

  • くちばみ 2178円
    作家 花村萬月
    出版社 小学館
    販売開始日 2020/10/15

    血で骨を洗う斎藤道三「父子の相克」一代記。

  • 剣客太平記 (1~4巻) 660円
    作家 岡本さとる
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル 時代小説文庫
    販売開始日 2020/10/15

    剛剣で無敵を誇りながらも、破天荒であった亡き父の剣才を受け継ぐ峡竜蔵は、三田で直心影流の道場を構えていた。だが、門弟はひとりもおらず、喧嘩の仲裁で糊口を凌ぐ日々。そんななか入門を希望する者が現れ...

  • 江戸は浅草 (1~3巻) 748円
    作家 知野みさき
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/15

    ぶらり浅草、ちょいと色恋。浅草・貧乏長屋の住人たちが降りかかる騒動を解決。注目女流時代作家、待望の新シリーズ!

  • わるじい慈剣帖 (1~4巻) 660円682円
    作家 風野真知雄
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/10/14

    あの「わるじい」が還ってきた! 孫を背負って悪を斬る、大人気シリーズが復活。なんと、前シリーズ最終巻で江戸を発ってから五日後には舞い戻っていた。「桃子、じいじはいつでも側にいるぞ」可愛い孫を守る...

  • 蘭方医・宇津木新吾 (1~12巻) 561円726円
    作家 小杉健治
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/10/14

    長崎帰りの見習い蘭方医・宇津木新吾は、町医者の幻宗の治療にかける真摯な姿勢と見事な腕前に傾倒していく。しかし、新吾の養父・順庵は、新吾を自分の出世の道具にしようと、表御番医・上島漠泉のひとり娘・...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 (1~11巻) 550円737円
    作家 藤井邦夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/10/14

    「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある」と嘯く、人呼んで“知らん顔の半兵衛”こと、白縫半兵衛が帰ってきた。再び臨時廻り同心を拝命した半兵衛が見せる粋な人情裁き。藤井邦夫の人気を決定づ...

  • ごんげん長屋つれづれ帖 704円
    作家 金子成人
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/10/14

    岡場所で賑わう根津権現門前町にある裏店、通称「ごんげん長屋」に住まうお勝は、女手一つで三人の子を育て、女だてらに質屋の番頭を勤める大年増。気っ風がよくて情に厚く、「かみなりお勝」とあだ名される彼...

  • はぐれ又兵衛例繰控 726円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/10/14

    例繰方与力の平手又兵衛は、南町奉行所内で「はぐれ」と呼ばれる変わり者。判例をすべて諳んじられる驚異の記憶力を持つが、厄介事には無関心。そんな又兵衛が奉行所へ駆けこんできた女郎の死を契機に理不尽な...

  • 姉さま河岸見世相談処 836円
    作家 志坂 圭
    出版社 早川書房
    レーベル ハヤカワ文庫JA
    販売開始日 2020/10/10

    元花魁の七尾姉さんは、落籍されたのに吉原に舞い戻り、千歳楼という見世を営む変わり者。酒にめっぽう目がないが、人の情けもめっぽう深く、悩み事を解いてゆく。

  • 吉原美味草紙 懐かしのだご汁 792円
    作家 出水 千春
    出版社 早川書房
    レーベル ハヤカワ文庫JA
    販売開始日 2020/10/10

    手作りの料理で人の心をほぐすさくらは、肝の臓の病で亡くなった佐野槌屋の楼主・長兵衛に、娘のおるいと継母のお勢以のことを頼まれた......胃袋と心をわし掴む、人情料理小説

  • 婿殿開眼 (1~10巻) 726円737円
    作家 牧秀彦
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/10/09

    勘定所勤めながら算用不得手で家付き嫁に尻に敷かれる旗本が、 陰の御用を命じられ、腕に覚えの剣術を使い大活躍!

セーフサーチの状態