読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「さ行」の作品一覧

979件中1-24件 (1/41ページ)
  • 新着!
    女性兵士 660円
    作家 加藤健二郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/10/23

    彼女たちはなぜ兵士になったのか? 濃密な戦場描写と冷静な観察眼が光るルポ。戦いに魅せられた女たちとの日々をつづる。

  • しのぶ梅 着物始末暦 681円
    作家 中島要
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル 時代小説文庫
    販売開始日 2020/10/15

    着物の染み抜き、洗いや染めとなんでもこなす着物の始末屋・余一は、職人としての腕もよく、若くて男前なのだが、人と深く関わろうとしない。一方、余一の古馴染みで、柳原土手の古着屋・六助は、難ありの客ば...

  • 新・知らぬが半兵衛手控帖 (1~11巻) 550円737円
    作家 藤井邦夫
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/10/14

    「世の中に私たちが知らん顔をした方が良いことがある」と嘯く、人呼んで“知らん顔の半兵衛”こと、白縫半兵衛が帰ってきた。再び臨時廻り同心を拝命した半兵衛が見せる粋な人情裁き。藤井邦夫の人気を決定づ...

  • 出世商人 701円
    作家 千野隆司
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    遺されたのは借財、託されたのは店の再建 急逝した父が遺したのは借財まみれの小さな艾屋(もぐさや)。 再建を志した文吉は、荒波を乗り越え立派な商人へとなれるのか。 薬種問屋に奉公していた文吉は、...

  • 損料屋喜八郎始末控え (1~4巻) 550円740円
    作家 山本一力
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    上司の不始末の責めを負って刀を捨てた喜八郎。損料屋に身をやつし、巨利を貪る札差を敵に回して丁々発止の頭脳戦!

  • 宗麟の海 1200円
    作家 安部龍太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    九州の若獅子吼ゆ! 信長に先んじて海外貿易を行い、硝石、鉛を輸入、鉄砲隊をいち早く整備。軍事力と知略で九州六か国を制覇した若き日の大友宗麟。 ザビエルから「世界を手に入れたとしても、心が満たされ...

  • 新装版 お腹召しませ 704円
    作家 浅田次郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/09/30

    婿養子が公金を持ち出し失踪。不祥事の責任を取りお家を守るため、妻子や部下に「お腹召しませ」とせっつかれる高津又兵衛が、最後に下した決断とは......。武士の本義が薄れた幕末期。あふれ出す男の悩...

  • シギラの月 1614円
    作家 藤川桂介
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/09/04

    不思議な自然現象で海の女神が現れるという伝説を軸に展開する若者たちの愛と戦いの物語。南海の楽園で展開する壮大な歴史ロマン。

  • 三国志 (全15巻) 586円628円
    作家 北方謙三
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル 時代小説文庫
    販売開始日 2020/08/07

    時は、後漢末の中国。政が乱れ賊の蔓延る世に、信義を貫く者があった。姓は劉、名は備、字は玄徳。その男と出会い、共に覇道を歩む決意をする関羽と張飛。黄巾賊が全土で蜂起するなか、劉備らはその闘いへ身を...

  • 潜入、諸国廻り 鬼の首を奪れ 770円
    作家 倉阪鬼一郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2020/08/07

    将軍家斉の御落胤・飛川角之進。 彼は諸国悪党取締出役を任ぜられ、各地にはびこる悪人を、 補佐役の春日野左近と手下の草吉とともに退治している。 若年寄の指示で、みちのくの小藩・陸中閉伊藩に向かった...

  • 十手婆 文句あるかい (1~3巻) 770円
    作家 和久田正明
    出版社 二見書房
    レーベル 二見時代小説文庫
    販売開始日 2020/07/23

    白髪丸髷に横櫛を挿す、江戸っ子婆お鹿の、意地と気風の弔い合戦!

  • 新装版 影法師冥府おくり (1~6巻) 692円723円
    作家 稲葉稔
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/07/17

    父を暴漢に殺害された青年剣士・宇佐見平四郎は、師と仰ぐ平山行蔵が御先手組が氏ら・藤堂源左衛門から命じられた先手御用掛の仲間として、許せぬ悪を討つ役目を担うことになった。勘定方の島田外記と銭両替商...

  • 襲来 (1~2巻) 902円946円
    作家 帚木蓬生
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/15

    「蒙古襲来」を予言した日蓮。その耳目となって予言を確かめるべく、九州・対馬へ赴いた男がいた。国防の意味を問う、長編歴史小説。

  • 水壁 アテルイを継ぐ男 814円
    作家 高橋克彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/15

    東北の英雄・アテルイの血をひく若者が、苦しむ民を救うべく立ち上がる。朝廷に臆せず戦いを挑む気高い蝦夷たちを描く歴史大河小説!

  • 新地奉行 太田太田太 (1~2巻) 693円715円
    作家 山田剛
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック時代文庫
    販売開始日 2020/07/10

    おれに立入れぬ処はねぇ!天下御免の屋敷改めが闇に巣食う悪を斬る――!!

  • 殉国 陸軍二等兵比嘉真一 791円
    作家 吉村昭
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/07/08

    14歳の少年は、何を見たのか。 少年の体験を通して、すさまじい沖縄戦の実相をつぶさに描いた長篇小説。 「郷土を渡すな。全員死ぬのだ」 太平洋戦争末期、沖縄戦の直前、中学生にガリ版ずりの招集令状...

  • 私説聊斎志異 825円
    作家 安岡章太郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2020/07/03

    鬱屈をバネに幻想怪異譚を書いた清代の蒲松齢。己の屈折した戦時下体験をこの作者に重ね合わせ、人間存在の不可思議な面白さを剔出。

  • 真田幸村の妻 770円
    作家 阿井景子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/03

    真田幸村の正室・竹姫の眼を通して、激動の戦国末期~江戸初期を活写。読めば大河「真田丸」がもっと楽しめる、もうひとつのドラマ!

  • 新装版 捨て童子・松平忠輝 上中下合本版 2200円
    作家 隆慶一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/07/03

    徳川家康の第六子でありながら、容貌怪異なため、生まれ落ちてすぐ家康に「捨てよ」といわれた鬼っ子・松平忠輝の異形の生涯を描く。

  • 蒼洋の城塞 (全6巻) 1078円
    作家 横山信義
    出版社 中央公論新社
    レーベル C★NOVELS
    販売開始日 2020/06/22

    房総沖にて演習中の呂号第四四潜水艦が、空母「ホーネット」率いる米国の艦隊を発見! 日本本土の奇襲を狙う「ドゥリットル空襲」の迎撃に成功し、敵艦隊に大打撃を与えた。意気上がる日本軍は、ポート・モレ...

  • 銭形平次捕物控 傑作集 (1~6巻) 660円726円
    作家 野村胡堂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/06/12

    野村胡堂の不朽の名作『銭形平次捕物控』。数多ある作品群の中から、テーマ毎に六篇を選定し収録した傑作選第一弾。神田明神下に住む凄腕の岡っ引・銭形平次は、投げ銭と卓越した推理力で、江戸で起こる様々な...

  • 最強同心 剣之介 (1~4巻) 572円
    作家 早見俊
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック時代文庫
    販売開始日 2020/05/22

    町の不良が火盗改に!?武家の礼儀などくそくらえ!鬼平が惚れた究極の同心

  • 新・浪人若さま 新見左近 (1~5巻) 561円704円
    作家 佐々木裕一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/05/22

    浪人新見左近を名乗り、弱きを助け悪を討つ。王者の秘剣、葵一刀流を遣うその男の正体は、のちの名将軍、徳川家宣――! 五代将軍綱吉のたっての願いで、世継ぎとして江戸城西ノ丸に入って三年。徳川綱豊とし...

  • 親王殿下のパティシエール 704円
    作家 篠原悠希
    出版社 角川春樹事務所
    レーベル ハルキ文庫
    販売開始日 2020/05/15

    華人移民を母に持つフランス生まれのマリー・趙は、ひょんなことから清の皇帝・乾隆帝の第十七皇子・愛新覚羅永璘お抱えの糕點厨師(ガオディアンチューシー)見習いとして北京で働くことに。男性厨師ばかりの...

セーフサーチの状態