本/雑誌

社会保障と財政の危機 (PHP新書)

鈴木亘/著

1023円
ポイント 1% (10p)
発売日 2020年11月発売
出荷目安 メーカー在庫あり:1-3日 ※出荷目安について

仕様

商品番号NEOBK-2555610
JAN/ISBN 9784569847733
メディア 本/雑誌
販売PHP研究所
ページ数 235

著者・出版社・関連アーティスト

商品説明

感染症の危機、経済の危機の次は、社会保障の危機である。生活保護、医療、介護、年金は、今どのような状況にあり、どのような対策を立てるべきなのか。社会保障研究の第一人者が、「生活保護はいったん受給すると抜け出すのが困難になる。求職者支援制度を活用すべき」「本来毎年少しずつ行うはずだった年金支払額のカットが、17年間で3回しか行われていない」などと問題点を指摘する。さらに、「消費税と社会保障費を切り離せば、消費税減税も可能になり、社会保障改革も進む」と提言。終章ではベーシック・インカムが可能なのかどうかについて検討を行う。

関連記事

    収録内容

    1 第1章 新型コロナ対策と経済をどう両立させるか
    2 第2章 戦後最大の経済対策はやりすぎか
    3 第3章 「働くと負け」の生活保護制度をどうするか
    4 第4章 医療崩壊はなぜ、簡単に起きてしまうのか
    5 第5章 目前に迫る介護崩壊
    6 第6章 デフレで終了する「年金100年安心」
    7 第7章 コロナ禍の中でこっそり通った年金改革法案の謎
    8 第8章 消費税減税は実施可能
    9 第9章 ベーシック・インカムは実現可能か

    カスタマーレビュー

    レビューはありません。 レビューを書いてみませんか?

    メール登録で関連商品の先行予約や最新情報が受信できます

    最近チェックした商品